空創ワルツ MINI ALBUM「それより僕と踊りませんか?」ディスクレビュー

それより僕と踊りませんか?

MINI ALBUM

空創ワルツ

それより僕と踊りませんか?

coolism records

2014.09.17 release

<CD>


激情系3ピース・バンドの魅力が詰まった1stミニ・アルバム

 アルバム・タイトルは誰が見ても井上陽水の「夢の中へ」の歌詞の一部なのだが、ダンサブルに組み立てられたこのバンドのサウンドを聴いていると、そのハマリ具合に違和感がなくなってくる。福岡発、“シャル・ウィ・ダンス???”をテーマに、和を基調としたサウンドを特徴とする3ピース・バンドの1stミニ・アルバム。

 引き締まったリズムで突進してくる「ガラパゴス」は有無を言わせないスピード感を迫力に変え、3人だけの演奏とは思えない強烈な印象を残すナンバー。ザラッとしたギターのカッティングが心地よく刻まれる「衝動」は、そんなバンドの迫力にメロディアスな歌の力が加わり、奥深く眠っている彼らの訴求力を引っ張り出す。キラキラした音が眩暈にも似た揺らぎを感じさせる「ゆらゆら」は、歯切れのいいリズムで自由に泳ぎ回るバンドの軌道とともに、その中心に腰を据える熱いボーカルの存在感がしっかりと耳にこびりつく。アッパーなビートで生き急ぐ「この世界が終ろうとしても」、ミディアム・テンポに乗せて切々と歌いあげる「紫陽花」、シンプルな8ビートで綴られる「ヒカリ」。全6曲が目の前の空間をすさまじい速さで突き抜けていく。

 ほとんどの曲に共通する“光”というキーワード、性急に疾走しているように思えて実は安定感のあるバンド・サウンド、吐き出すことが多すぎて火花が散っているようなボーカルと、ほとばしるような魅力が詰まっているアルバム。新鮮な息吹を強引なまでに感じさせる、生命感に満ちた作品たちがギラギラと瞬きをしている。

(岡本 明)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人