つばき ALBUM「真夜中の僕、フクロウと嘘」ディスクレビュー

真夜中の僕、フクロウと嘘

ALBUM

つばき

真夜中の僕、フクロウと嘘

UK.PROJECT

2014.09.10 release

<CD>


活動休止を経てリリースされる奇跡の復活作

 結成10周年を迎えた2010年、ボーカル&ギターの一色德保の病気が発覚し、その療養のため活動を休止していたつばき。しかし、2013年のライブを機に活動を再開し、ついに4年ぶりとなる今作が届けられた。

 今回はギターが弾けなくなった一色にかわって、a flood of circle等で活躍する曽根巧と、e-sound speakerの大迫章弘がギタリストとして参加。大迫は収録曲「ころがるいしのように」で作詞作曲も担当している。

 数年前からストックしていた曲、一色が退院してから書いた曲など、作られた時期は異なるが、一貫して自分の想いをストレートに吐き出した歌詞からは繊細な感情の揺れが見て取れる。内側に潜む不安や葛藤を描きだした「フクロウ」のように、自問自答しながらも前に進んでいこうとする心の声が、どの曲からも聴こえてくる。

 曲調も多彩で、印象的なコーラスと爆音の対比が強烈な「夜を泳いで」、隙間を生かしたアレンジがこれまでにない空間を作る「サンザン」、淡々とした流れからサビで一気に広がる「肝心要」など、あらたなアプローチも聴きどころだ。

 そして、最後に収録されている「真夜中過ぎは」は、まさに現在の心境を反映した楽曲。月明かりに照らされる自分の心の弱さと、それを噛みしめながら夜明けを待つ昂ぶりをまっすぐに歌う。この曲がラストにあることで、次に向けての一歩が感じられる構成になった。

 迷いや悩み、怖れや嘘。溢れ出す様々感情を飲み込みながらも、決して諦めることなく未来へ歩み出す、彼らの新しい出発を奏でるアルバムの誕生だ。

(岡本 明)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人