さよなら、また今度ね MINI ALBUM「夕方ヘアースタイル」ディスクレビュー

夕方ヘアースタイル

MINI ALBUM

さよなら、また今度ね

夕方ヘアースタイル

Ren’dez-vous Records

2014.09.03 release


猛烈なモチベーションが伝わる充実の意欲作

 昨年9月に1stミニ・アルバム『P.S.メモリーカード』を発表。爆発的なテンションとノスタルジックなポップ感がひとつになったサウンド、葛藤と郷愁がゴチャ混ぜになった歌の世界によって、局地的な支持を得てきた“さよなら、また今度ね”から2枚目のミニ・アルバム『夕方ヘアースタイル』が届けられた。どこかヒネくれたセンスが織り込まれたサウンドも相変わらず素晴らしいが、個人的には歌詞の端々から感じられる“熱さ”が印象に残った。例えば“大事なのは「重要じゃない」という事だ”(「Q」)という歌詞からは“自分がやりたいことにだけ従えばいい。ほかの意見なんか関係ない”みたいな強い意志が感じられるし、“正直になった瞬間でしか君とセックスしたくありません”(「配管工と姫と怪獣の歌」)からは異様なほど純粋で真っ直ぐな恋愛感情が伝わってくるのだ。きわめつけは「夕方とカミナリ」の最後で歌われる“才能を 努力を 情熱を 放ってやる”というライン。これはもう、“腹を括って、自分自身のすべてをこのバンドにぶつけてやる”という意思にほかならない(たぶん)。

 この作品を制作するにあたりメイン・ソングライターの菅原達也(vo)は、メンバーに“アルバムを作れるのは最後かもしれない、という気持ちでやろう”と話したという。ヒネリの効いたアレンジや奇天烈なフレーズもバンバン飛び込んでくるが、それはおそらく照れ隠しの裏返し。このバンドの本質はきっと、“こんな自分たちでも、絶対に成し遂げられることがあるはずだ”という猛烈なモチベーションなのだと思う。

 もうひとつ、「ミルクアイス」「世界の結婚式」などで菅原とともにボーカルを取る佐伯香織(b)についても触れておきたい。一見、ネクラでオタクっぽいルックスの彼女だが(ホントすいません)、憂いと暗さを感じさせつつ、でもなぜかポップに響く声質は本当に魅力的。佐伯のセンスがさらに反映されるようになると、このバンドの面白さは大きく広がるのではないだろうか。

  

(森 朋之)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人