日食なつこ MINI ALBUM「瞼瞼(まぶたまぶた)」ディスクレビュー

瞼瞼(まぶたまぶた)

MINI ALBUM

日食なつこ

瞼瞼(まぶたまぶた)

LD&K

2014.08.20 release

<CD>


型にはまらず自分を固めつつある彼女のカッコ良さに期待

 日食なつこ。不思議な名前だ。重なり、隠れてしまっているようで、逆にそれで目立ってしまえている、みたいな……。これ、単に苗字に反応してみただけなのだが。

 根強い人気を持つ「ヒューマン」という楽曲の作者であり、シンガー・ソング・ライターとして注目を集めているそうだが、ちゃんと聴かせていただくのは今回が初めてだ。まず歌。こちらを正面から見つめるような堂々たる声質と歌いっぷりである(4曲目「エピゴウネ」は特に)。即座に“よし、あなたの歌に付き合おうじゃないか!”という気にさせる。

 歌詞はどうだろう。目の前の景色と心象風景が交差するような言葉のなかを彷徨ううち、五感を研ぎ澄まされていくような快感を味わうこともできる。いわゆるラブ・ソングと解釈できる歌もあったが、余計な甘味料抜きのビターなテイストで喉ごしもイイ。世の中の欺瞞を見抜く感性も備わっているお方とお見受けしたが、さてどうなのだろうか……。
 
 サウンド的には、まず彼女のピアノがもちろんポイント。1曲目「水流のロック」のイントロから粒立ちのいい響きが良質である。さらに今回は、三名のドラマーとのセッションというのもコンセプトらしい。ドラムが加わることで打楽器による賑やかな装飾が加えられた印象のものもあるし、「水流のロック」はベースの存在も効いていて、全体としてトリオ演奏による音のグルーヴが聞き所だったりもする。

 ところで彼女のTwitterを覗きに行ったら、最近、東京での生活を始め、メガネからコンタクトにする(した?)のだそう。この情報のなかで特に後者は、アルバム・タイトルの『瞼瞼』にちょっと繋がりあるような、ないような。いや、ないような気がする。
 
 今後、彼女はどんなアーティスト人生を歩んでいくのだろうか。“個性的”という言葉はすでに手に入れているとは思うんだけど、その個性をより平易により多くの人々に説明していこうとするのか、はたまたその個性を“孤高”と呼ばれるほどに研ぎ澄ますのか……。これからの展開にも注目していきたい。個人的にいちばん好きだったのは「水流のロック」かな? ジョニ・ミッチェル的な雰囲気が少し感じられるあたりが特に……。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人