LUNKHEAD SINGLE「スターマイン」ディスクレビュー

スターマイン

SINGLE

LUNKHEAD

スターマイン

直球

2014.08.13 release

<CD>


“生きていく、という日常”が浮かび上がるお祭りソング

 いわゆる日本の伝統芸能的な、長い歳月の中で脈々と受け継がれてきた伝承的な、リズム。どこか土と風のにおいがする、祭り囃子という独特のサウンド。ハイを効かせたドラムのタイトな音色が鳴り響くイントロから一気に、そこにある景色を夏の祭りの風景へと塗り替えていく。連射連発花火の総称であるスターマインをタイトルに掲げたのも納得の、LUNKHEADらしい疾走感で強く跳ね続ける、高揚するお祭りナンバーであり、タフなロック・チューンだ。

 メロディが訴えかけてくる切々とした感情、内包する“泣き”、交錯する光と影は、ソング・ライターの小高の王道。しかしここに歌謡曲風のニュアンスを持つラインが織り込まれたことにより、懐かしさが新しさを導いているような面白さとカッコ良さが表れた。“めちゃくちゃ真剣に全員でバカやってました”という小高のコメントは、単にはしゃぎながらお祭りノリを押し進めていったのではなく、お遊びには決してとどまらない唯一無二の存在感を放つお祭りナンバーを追求していたことを物語っているような気がする。

 また、祭りのあとのもの哀しさまでをも感じさせる詞世界は、楽し気な画をたくさん描きながら、昨日までのそして明日からの“生きていく、という日常”がくっきりと浮かび上がるような言葉遊びと表現がなされている。何もかも忘れて浮かれることのできる幸福な瞬間、なんとも言えない郷愁感だけではなく、それぞれが背負っているもの、前に進むための心の闘いといった生活者としてのリアルな姿まで落とし込まれているところには、深く唸らされるばかり。もちろんライブでは爆発的な盛り上がりになるだろうが、言葉にはじっくり耳を傾けたくなる楽曲、だ。

(竹内美保)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人