androp SINGLE「Shout」ディスクレビュー

Shout

SINGLE

androp

Shout

ワーナーミュージック・ジャパン

2014.08.13 release

初回限定盤 <CD+GOODS>
通常盤 <CD>


時代のリアルな肉声を作品化したシングル

 ドラマ「家族狩り」の主題歌としてリリースされた「Shout」。静かなギターのアルペジオと歌で始まり、じわじわとバンドの音が加わって繊細に紡がれていくサウンドが楽曲の軸だ。曲が進むにつれてソリッドなバンド・サウンドがその骨格を露わにし、歌とともにパワフルな表情を見せていく。後半ではさらにバンドの音が力強くエモーショナルな広がりを見せ、ウェットになりすぎない音の構築が聴き終えたあとにしっかりと温かみを残すように仕上げられている。

 優しいはずの言葉が誰かを傷つけてしまうジレンマ。やりきれなさをまとったまま生きている日常。そんな、声にならない心の痛みをテーマに、表面に出てこない複雑な感情と内面の葛藤を描き出した、バンドにとっても大きな手ごたえとなった楽曲。今年、代々木第一体育館のライブを成功させ、勢いに乗るバンドのテンションを反映させつつ、深くて鋭い人間描写を込めた作品が完成した。

 対照的に「Run」は明るさに満ちたナンバー。J-WAVE FOOTBALL FEVER 2014キャンペーンソングということもあり、照りつける太陽のもと、力を出し切って弾ける姿が目に浮かぶ、躍動感溢れる楽曲だ。跳ねたサウンドと、歌詞から伝わる何かが始まる予感。熱いコーラスが気温も体温も一気に上げてくれそうだ。

 そして、今回のシングルで最もバンドの攻撃性が強烈に発揮されているのが「Alternative Summer」。スラップ・ベースとギター・リフに導かれる激しいサウンドとともに、感情をむき出しにした言葉が生々しく迫る。先行きが見えない時代にメッセージを突き立てたナンバーであり、ライブでは強力な起爆剤として威力を発揮してくれそうだ。

 内面の“叫び”である「Shout」、フィジカルな“叫び”の「Run」、時代への“叫び”を発する「Alternative Summer」。3曲に共通する“叫び”は、この時代のリアルな肉声だ。

(岡本明)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人