上江洌.清作&The BK Sounds!! ALBUM「アイランド2」ディスクレビュー

アイランド2

ALBUM

上江洌.清作&The BK Sounds!!

アイランド2

トイズファクトリー

2014.08.06 release

<CD>


“ゆるい気持ち良さ”を支える良質のサウンドメイク

 今年のフジロック3日目のスカ天国(THE SKA FLAMES/THE SKATALITES/東京スカパラダイスオーケストラの3連発。あんなに踊ったのは生まれて初めてでした)でも感じたことだが、スカという音楽は非常に厳密なアンサンブルによって成り立っている。ギターの裏打ちビート、レゲエのエッセンス(本質)を反映させつつ、自由なインプロビゼーションを交えたリズム・セクション、ホーン・セクションが奏でる豊潤なメロディ。“ゆるく踊れる”“熱く盛り上がれる”という雰囲気ばかりが注目されがちだが、それを支えているのは高い演奏能力とアンサンブルのセンスなのだと思う。そして、その音楽の成り立ち方は、“上江洌.清作&The BK Sounds!!”の2枚目のアルバム『アイランド2』にも通じている。

 MONGOL800のキヨサクこと上江洌.清作、そして、湘南乃風のバックセレクターとしても知られるThe BK Sounds!!。その最大の魅力は、質の高いサウンドメイクだろう。オーセンティック・スカを軸にしながら、レゲエ、沖縄民謡などを自在に吸収し、普遍的なパワーを持ったダンス・ミュージックへと結びつけているのだ。また、「Simmer Down」(ボブ・マーリー)、「スーダラ節」(ハナ肇とクレイジーキャッツ)、「ふたりの愛ランド」(石川優子とチャゲ)、「ヨロコビノウタ」(MONGOL800)、「酒と泪と男と女」(河島英五)、そして、沖縄の音楽シーンを代表する古謝美佐子の名曲「童神(わらべかみ)」といった幅広い選曲も本作の魅力。彼らは“時代を超える名曲を独自のアレンジを加え、ダンスホールで踊る”というスタイルをしっかりと踏襲しているというわけだ。

 もうひとつ、唯一のオリジナル曲「Moonlight Jamaica」にも触れておきたい。レゲエ、スカ、ダブの要素がナチュラルに混じり合うサウンドと歌謡曲的なムードを持ったメロディがひとつになったこの曲は、様々な音楽ファクターを反映させつつ、極上のバイブスへと導く上江洌.清作&The BK Sounds!!の特性に直結している。ゆったりとビートに身を任せ、清作のボーカルに心を委ねているうちに、音楽的なクオリティの高さに気付く。本当に豊かな広がりを持ったアルバムだと思う。

 

(森 朋之)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人