DOES ALBUM「DOES」ディスクレビュー

DOES

ALBUM

DOES

DOES

キューンミュージック

2014.08.06 release

初回生産限定盤 <CD+DVD>
初回仕様限定盤 <CD>


結成10年を経て、初のセルフ・タイトルに込めた決意表明

 今回のアルバムは違う。半分以上がバンド・アレンジだ。ロック・バンドらしさ、自分たちらしさ。ハードかつ深みのある音。──すでに氏原ワタルが自らのブログなどで心境を語っているとおり、これはDOESにとって非常に重要な転機となる作品だ。リズムを強化し、アンサンブルを練り上げ、音質にこだわり、ロック・バンドの真髄に迫る。氏原ワタルの優れたソング・ライティング能力を中心に、彼の打ち出すビジョンを実現することを第一としてきたDOESが、ここでは対等のトライアングルとなって力強い音を奏でている。多様な曲調に目移りする前に、どっしり構えたバンドの音がまず耳に飛び込んでくる。人によっては、ヘビーに感じるかもしれない。が、もともとDOESはこういうバンドなのだ。

 ライブのセット・リスト的な、といえばわかりやすいだろうか。オーディエンスの大合唱を想定したような軽やかなロックンロール「カリカチュアの夜」から、シングルになった「紅蓮」、彼らの得意技のひとつである日本的な抒情と歌謡性を全面に打ち出したロマンチックな「春」を序盤とすると、猛烈に速くワイルドな4曲目「殺伐とラブニア」から中盤が始まり、ソウルフルでダンサブルな「リリス」、ザ・クラッシュを思わせるメッセージ色の濃いレゲエ・チューン「問題」と、サウンドがどんどん深くなってゆく。が、重苦しい雰囲気というよりも、メタリックなギター・リフを持つ「レーザー・ライト」も基本的にはダンス・ナンバーだし、おそらくアルバム中で最もダークでヘビーな「ブラック・チェリー」も、重くひきずるようなビートの中に体を動かす快感が潜む。9曲目の乾いたポップなサーフ・ロック「アイスクリーム」からまた景色が一変し、DOESの優しさとポップな面が好きなリスナーにはたまらない「君とどこかへ」「わすれもの」という青春ポップ路線を経て、「終わりのない歌」の軽く弾むビートに乗ってアルバムは幕を下ろす。遊びの曲や意味のない曲は、一曲もない。

 「終わりのない歌」は、氏原ワタルがずっと歌ってきた“刹那の中に潜む永遠”のイメージを、明確な言葉にした曲だ。なぜ歌うのか、なぜ生きるのか、なぜバンドをやるのか、その答えを淡々と力強く歌うワタルの声が今こそ胸に沁みる。結成10年を経て、初のセルフ・タイトル作『DOES』。それはバンドとしてだけではなく、俺はこうして生きていくという男たちの決意表明だ。

(宮本英夫)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人