Nothing’s Carved In Stone ALBUM「Strangers In Heaven」ディスクレビュー

Strangers In Heaven

ALBUM

Nothing’s Carved In Stone

Strangers In Heaven

EPICレコードジャパン

2014.08.06 release


4人の高度なバランスが生み出す圧倒的なエネルギーと幸福感

 音のコラージュ的な短いイントロに続いて登場する冒頭3曲「Shimmer Song」「Brotherhood」「ツバメクリムゾン」の強烈なインパクトが、あっという間にこのアルバムの印象を力強く決定づける。それは明快で開放的、確信に満ちたもので、パンクやハードコアなどエッジの尖った音楽を根っこに持つバンドがついに最良のポップネスを手に入れた喜び、そのものが音になっているようだ。もともとこのバンドは日向秀和のベースが主導する、ファンクやダンス・ミュージックに由来する図太くうねるビートと、生形真一の弾くメロディアスでハードなギター・リフの合体のうえで、いかにポップでエモーショナルなメロディと歌を聴かせるか? が進化のキーワードになっていたと思うが、6枚目にして4人のバランスが高レベルで揃ったことが、このアルバムの持つ圧倒的なエネルギーと幸福感に繋がったように感じる。

 中でも、ボーカル・村松拓の歌が素晴らしい。非常に男くさく骨太で、しかもウェットな抒情をたっぷりと含ませた独特の声質は、これまで以上に自信に溢れ、「雪渓にて」にての伸びやかなハイトーンを始め、全体的にまろやかなコクを増した。「Shimmer Song」「ツバメクリムゾン」そして「雪渓にて」といった日本語詞曲は、どれも夢、希望、情熱、衝動といった言葉を驚くほど前向きにぶつけたもので、字面だけ読むと“Nothing’sが応援歌を?”と思ってしまうが、歌になってぶつけられたときの爽快感と迫力がそこらの応援歌とまるで違うのは、彼の歌の持つ説得力のおかげだ。従来の英語詞曲が持つパンク的な強いメッセージや、シニカルで抽象的な言葉遣いもいいが、このアルバムでは鮮やかな日本語の歌詞が断然ハマッている。

 サウンド的には、前半は疾走感いっぱいのダイナミックなロック・サウンドで、後半の「Idols」あたりからラストにかけては打ち込みを駆使したダンサブルな曲が続き、バンドの多面性がさらに際立った。現代的なブリブリのエレクトロ・サウンドは「キマイラの夜」に出てくるが、その他はむしろ’80年代のエレクトロ・ポップやニューウェーブのクールで柔らかい音色に近く、無理に踊らせるよりも自然に体を動かしてほしいという意図も感じられる。結成5年、ロック・シーンに欠かせないバンドとして、4人のホームグラウンドとして、Nothing’s Carved In Stoneの存在価値はどんどん上がってきている。

(宮本英夫)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人