LOSTAGE ALBUM「Guitar」ディスクレビュー

Guitar

ALBUM

LOSTAGE

Guitar

THROAT RECORDS

2014.08.06 release

<CD>


すべての“敗北者達”を祝福する珠玉のメロディ

 ライブ盤『LOSTAGE AT SHIBUYA CLUB QUATTRO』のリリースはあったものの、スタジオ音源としては前作『ECHOES』より約2年ぶり。レペゼン奈良の実力派3ピースバンド・LOSTAGE待望のニュー・アルバムが完成した。“歌もの”がテーマというだけあって、五味岳久のボーカルは喜怒哀楽のすべてをエモーショナルかつキャッチーな歌メロで響かせ、『Guitar』というタイトルどおり実弟・五味拓人のリッケンバッカーも高らかに歌っているし、何よりメロディを活かすためにシンプルなプレイに徹しつつ、岩城智和のドラムは実に伸びやかにリズムを奏でている。ここにあるのは、そう、僕(ら)が待っていた最強のLOSTAGEだ。メンバー脱退で4人から3人へと減員して以降、『CONTEXT』→『ECHOES』とハードコアなアプローチの作品が続いていたが、反作用的に後景へ退いてしまっていた(ようにも思える)メロディメーカーとしての才が全開になっていることにいちリスナーとして欣喜雀躍。まさに「待ってた!」と快哉を叫びたい傑作だ。

 ちなみに今作には“歌もの”ということ以外にもうひとつ大きなテーマがあって、つづめて言えば、それは“死”である。“クソ離れていく クソ別れていく”と「いいこと / 離別」は死を振り切るようにドライブ感溢れるアンサンブルを響かせ、リード・トラックの「Flowers / 路傍の花」は“よく見ておくれ 季節の終わりを 季節が始まるのを”と喪失(および再生)を瑞々しく切り取り、最終曲「Good Luck / 美しき敗北者達」は故・吉村秀樹(bloodthirsty butchers)に捧げたナンバーであり、バンドは9分近い熱演で去っていた者達(=敗北者達)を哀悼する。かように死の気配の色濃い作品なのだけれど、聴いていて心を満たしてくるのは、哀しみ、ではなく、その対極にある生命力のようなもの──。一体なぜ? おそらく、エリザベス・キューブラー・ロスの言う「死を受け入れる五段階」(=否認/怒り/取引/抑うつ/受容)を辿るように『Guitar』が展開していくからであり、それは吉村のみならず親しい友人を年頭に失ったというメンバーが何より必要としたプロセスだったのだろう。影を描くことで光を浮かび上がらせる画法のように、LOSTAGEが描いたのは死でありながら、浮かび上がってきたのはほかならぬ“生きること”。本作に限らず、LOSTAGEの音楽はその“生きること”の根源的な哀しみ──万物流転、盛者必衰、そして宿命づけられた離別!──に紐付いているからこそ心に響いてやまないのであり、時代や流行とは別次元で鮮烈な輝きを放つのだ。ちょっと観念的な話になってしまったが、純粋にグッド・メロディ/グッド・ソング揃いなので、ひとりでも多くのリスナーに届いてほしいと思います。手前味噌ですが、筆者が手がけたメンバー全員1万字インタビューもぜひご一読を!

(奥村明裕)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人