ゲスの極み乙女。 SINGLE「猟奇的なキスを私にして/アソビ」ディスクレビュー

猟奇的なキスを私にして/アソビ

SINGLE

ゲスの極み乙女。

猟奇的なキスを私にして/アソビ

unBORDE

2014.08.06 release

<CD>


原作にインスパイアされたであろう詞の世界観が面白い。

 バンド名のインパクト良し。メンバ-の豊かな個性良し。そして、聴く者を飽きさせない機知に富んだ曲作り&演奏力も良し、ということで、今後も引き続き注目されるであろう彼ら。僕がさらに望むのは、日常生活のなかでふと想い出し、勇気づけられるような“庶民のための哲学”を含んだ名曲を作ってほしい、ということ。

 そこに注目すべきニュ-ス。人気漫画「アラサ-ちゃん」のドラマ化に際し、主題歌を書き下ろしたという。ラップ的な部分とメロディアスなサビの部分とが絶妙なマッチングを示すのは、彼らが得意とするスタイルのひとつだが、今回は特に、原作にインスパイアされたであろう詞の世界観が面白い。この漫画の内容は女性の恋愛に対する意識を赤裸々に描いたものだそうで、川谷絵音も今回は、そんな目線で一筋縄ではいかない登場人物たちを冷めた目線で描く。いろいろあって、しまいにはお互いが“匙を投げ合った”ってすごいです、この結末間際の歌詞の展開は。

 カップリングの「だけど僕は」は、タイトルの言葉をフックにしてぐいぐい聴き手を引っ張る。川谷の歌声のピュアな“泣き”の要素に心を動かされる。「アソビ」は意表を突いたアンサンブルが刺激的かつ刹那を感じさせ、彼らならではの構築美を響かせる。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人