王舟 – シンガー・ソングライターの王舟(おうしゅう)がアルバム『Wang』をリリース。約3年の制作期間を経て完成した今作について聞いた。

王舟

 以前、どこかで触れたことのあるような温かい懐かしさ、そして、“こんな歌、聴いたことない”という新鮮さが共存している。ひとつだけ確かなことは、彼が紡ぎ出す歌は普遍的な魅力に満ちているということだ。
シンガー・ソングライター、王舟が1stアルバム『Wang』をリリースする。’10年にCD-R作品「賛成」「Thailand」を発表し、’11年にはトクマルシューゴ主催のフェス“TonofonFestival”に出演。オルタナ・カントリー、アシッド・フォーク、ギター・ポップなどをナチュラルに取り入れた楽曲、英語と日本語を交えながら、無国籍な印象を与えるボーカルは、シュアな耳を持ったリスナーの間で確実に話題を集めていった。
満を持してリリースされる『Wang』には、岸田佳也(トクマルシューゴ)、伴瀬朝彦(片想い)、潮田雄一(Quattro)など、東京のインディーポップ・シーンを代表するミュージシャンが参加。テニスコーツなどを手がけるレコーディング・エンジニアの大城真が録音を担当し、王舟の独創的なクリエイティビティをしっかりと引き出している。
今回のインタビューでは、『Wang』の制作過程はもちろん、彼自身の音楽的なルーツ、音楽活動に対するスタンスについて幅広く語ってもらった。訥々とした口調のなかに潜む、表現に向けた真摯な思いを感じてもってもらえれば幸いである。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

 

“自分でアルバムを作る”ということだけを決めて作業してました

──1stアルバム『Wang』、ようやく完成しましたね。’10年に「賛成」「Thailand」が発表されて、音楽ファンの間で話題になったときは“すぐにフル・アルバムが出るんだろうな”と勝手に思ってたんですが……。

そうですよね(笑)。ひとりでのんびり作っていたというか、“どうやってリリースするか?”ということは考えないで、まず“自分でアルバムを作る”ということだけを決めて作業してました。時間はいくらでもかけられちゃったんですよ、締切がないので。

──でも、ひとりだけでやってると大変なことも多いんじゃないですか?

“レコーディングスタジオで録音したい”とは思ってなかったので。そういうスタジオって、費用もかかるし……。あと、“レーベルにお願いして、予算を組んでもらう”という以外のやり方でもできるんじゃないかと思ったし。結局、felicity(レーベル)から出してもらうことになったんですけど(笑)。

──最初からレーベルに依頼して効率よく作るよりも、自分のやり方、ペースを守るほうが大事だった、と。

そうかもしれないですね。今回のアルバム、何回か録り直したり、ミックスもやり直してるんですけど。とりあえず作ってしまって、“あんまり良くないんだけどな”って思いながら宣伝するのは大変だし、モチベーションも上がらないじゃないですか。宣伝も自分でやるんだから、まずは納得のいく作品を作りたかった。

──すごく真っ当な話ですね、それは。ということは王舟さんのなかに“こういうテイストのアルバムにしたい”というイメージがしっかりあったと?

もともとはあったんですけどねぇ。長い時間をかけてずっと作ってたし、自分でミックスをやっているうちにだんだんわからなくなりました(笑)。でも、その間に考えていたことは身体に染み込んでいるので、ほかの人にミックスをやってもらったときに“これは違う”“これは良い”っていうのはわかる感じでした。

“この曲をやってみよう”って、その場の雰囲気で合わせる

──アルバムの収録曲については? 制作期間が長くなると、新しい曲も出来るだろうし、そこでも迷いが生じるような気がするんですが。

曲はずっと作り続けてるんですけど、それとアルバムの制作は別なんですよね。このアルバムに入ってるのは、ライブでやってる曲が多いんです。だから、まとまりもちゃんとあるんじゃないかなって。

──確かに統一感はありますね。独特のオルタナ・カントリー感というか、素朴でナチュラルなんだけど、ところどころに前衛的なヒネリがあって。

そこはあんまり意識してないんですけど、アルバムを一緒に作ったメンバーたちと練習してると、自然とまとまった雰囲気に落ち着くというか。どちらかというと、セッション的な感じで作るのがうまい人たちなんです。組み合わせもすごくいいと思うし。

──レコーディングに参加してるメンバーは、どうやって知り合ったんですか?

ライブとか飲み屋で知り合った人とか、そのなかで紹介してもらって仲良くなった人とか。シンプルな曲を持っていって、“この曲をやってみよう”って、その場の雰囲気で合わせるだけなんです。あとはライブでやってみて、録音するっていう。

──ものすごく自然な作り方ですね。まず仲良くなったミュージシャンがいて、セッションのなかでアレンジを決めて。

その関係性が大事なんですよ。自分のまわりで作りたい、っていうのもあったし。スケジュールを決めるのが大変ですけどね。結構都合が合わないことが多いので(笑)。

──王舟さんのこれまでのキャリア、音楽のルーツについても聞かせてください。まず、作曲はいつ頃から始めたんですか?

いつ頃だろう? よく覚えているのは、中学校のときにお風呂の中でメロディを作ってみようと思ったことがあって。そのときは全然出来なくて、“音を並べるだけでは曲にならないんだな。メロディを作る人ってすごいな”と思った記憶があります。……って、この話はあんまり意味ないか(笑)。

──(笑)。

でも、中学の頃から作ってましたよ。最初に作ったのが英語の歌詞の歌で、それを英語の先生に聴かせたりもしたので。ギターの練習もしてたし……。“自分にも曲が書けるかも”と思ったきっかけはオアシスです。『Standing on the Shoulder of Giants』の頃に初めて知ったんですけど、“コードがシンプルなのに、こんなにカッコいいんだ!”って思って。そこから遡って、1st(『Definitely Maybe』)、2nd(『(What’s the Story) Morning Glory』)も聴きました。1stは鳴っている音がふくよかで、すごくエネルギーがある。2ndはポップスとしての完成度が高いなって思いました。メンバーのインタビューも読んでたんですけど、曲作りについての専門的なことはあまり言ってなかったんですよ。“素人感”というのかな。それは結構大きかったと思います。

──“こんな感じだったら、自分にもできるんじゃないか?”って?

そうですね(笑)。もし玄人感があったら、なかなか“自分でやろう”とは思わないじゃないですか。オアシスって、やってることは簡単なのに、ドンピシャでカッコ良かったんですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人