MAGIC FEELING MINI ALBUM「The Mixtape」ディスクレビュー

The Mixtape

MINI ALBUM

MAGIC FEELING

The Mixtape

LAND ESCAPE RECORDS

2014.07.02 release

<CD>


聴き手の生活をカラフルに彩る音楽

 多彩なジャンルの音楽を吸収したボーダーレス・ミュージックを掲げる4ピース・バンドの6曲入りの2ndミニ・アルバム。MAGIC FEELINGというバンド名と彼らの奏でる音楽の印象は直結している。どの曲もマジカルで聴き手のイマジネーションを軽やかに刺激していく。1曲目の「Hinotori」は独特の高揚感を備えたポップなダンス・ミュージック。ギター、ベース、ドラムに有機的に絡む煌めくような音色を備えたキーボードが気持ちいい。これは音楽によるファンタジーでもありそうだ。歌詞も“King”“castle”といった言葉が登場して童話風に始まるのだが、そこに“punk”といった言葉が混じってくるところが面白い。サウンドだけでなく、歌詞もボーダーレスで、ファンタジックであることとパーソナルであることとが両立している。もともとファンタジーは困難な現実に直面したときに、その現実を変形したり加工したりすることで、受けとめたり、乗り越えたりしやすくする機能を備えている。現実逃避ではなくて、現実に対応する道筋を提示してくれるのがファンタジー。このことは彼らの音楽にも当てはまるのではないだろうか。彼らはこの曲の中で“I just paint to clothes”と歌っている。彼ら自身による対訳は“君の服を色とりどりに塗りたくる”。これは彼らの音楽の方向性を示唆する言葉でもありそうだ。

「Weather Report」は疾走感溢れるエモやミクスチャー・テイストも感じ取れる曲。強烈に歪んだサウンドが特徴的だ。歌詞の冒頭で“砂嵐”という言葉が出てくるのだが、ざらついた空気の質感までも音楽によって鮮やかに描いている。歌詞の中に<next song is called “Landscape”>というフレーズがあるのだが、「Landescape」は彼らの1stミニ・アルバム『Debut』収録曲でもある。前作とさりげなく連動していく柔軟さ、自由さも彼らの音楽をより個性的なものにしている。時間の狭間の中に入りこんでいくようなスリルと切なさとを兼ね備えた「In a Flash」、秘密の呪文を唱えるような密やかな歌声が染みてきた「Naturally」など、マジカルな魅力を備えたナンバーが並ぶ。ファンタジーという言葉が登場する「Fastlane Racing」の中にはアルバム・タイトルと同じ単語が使われた“drive with your mixtape”というフレーズも出てくる。彼らの音楽はマジカルな景色へと誘い、生活をカラフルに彩っていく機能を備えている。日々の生活に押し潰されそうだと感じたことのある人にこそお勧めしたい。

(長谷川誠)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人