ミソッカス MINI ALBUM「統一された混沌(カオス)」ディスクレビュー

統一された混沌(カオス)

MINI ALBUM

ミソッカス

統一された混沌(カオス)

No Big Deal Records

2014.07.02 release

<CD>


カオスという名の楽しさ

 バンドのイメージを決定づけていた“和装キャラ”を辞め、バンド名の表記を“みそっかす”から“ミソッカス”に変更。あらたなスタートとなる新作「統一された混沌(カオス)」(4thミニ・アルバム)は、このバンドの特性——“リスナー目線”に貫かれた優れた批評性、驚くほど幅広い音楽性——がわかりやすく体現された作品となった。

 このアルバムのスタンスは、1曲目の「マッドシュリンプス」の歌詞にはっきりと示されている。有機的なダンス・ビートを軸にしたこの曲で歌われているのはおそらく、音楽を聴いたときに“アレに似てる、コレに似てる”と切り捨てるのではなく、そのなかにある固有性、オリジナリティを感じ取ってほしい、というメッセージだ。音楽に限らず、ユーザー(もちろん筆者も含みます)は自分の知っている事象、知識だけで物事を判断したがる。それが“〜っぽいね”というフレーズにつながるわけだが、そういうふうに決め付けてしまっては、楽しさもなければ発展もない。ミソッカスはそのすべてを理解、認識したうえで、“こういう音楽、面白くない?”という提示を行っているのだ。

 メタル・コア系のサウンドと和テイストのメロディがぶつかり合う「お願いGOD」、高速のパンク・ビートとメロディアスなシンセを軸にしたサウンドのなかで“何度何回ぶつかっても/ずっとあなたのそばにいたいよ”という愛らしい歌が広がる「シャイニングイリュージョン」、ドラマチックなメロディ・ラインのなかで、いなくなってしまった“君”への思いを描き出した「太陽の塔」。1曲1曲にまったくテイストの違うアイデアが込められた結果、まるで複数のバンドによるコンピレーション・アルバムの様相を呈しているのだが、全体を通して“これこそがミソッカスだな”と納得させられてしまう“何か”があり、その“何か”こそがこのバンドの独創性を紐解くカギなのだと思う。このアルバムのなかで表現されたカオスという名の楽しさを(小手先の知識で判断せず)たっぷりと味わってほしいと思う。

(森 朋之)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人