それでも世界が続くなら ALBUM「もう君はいい人じゃなくていい」ディスクレビュー

もう君はいい人じゃなくていい

ALBUM

それでも世界が続くなら

もう君はいい人じゃなくていい

CROWN STONES/CROWN RECORDS

2014.07.02 release

<CD>


ロック・ミュージックに思いを寄せるすべての人たちへ

 メジャー・デビューから1年も経たずして実に4作目、アルバムとしてはメジャー2作目となる“それでも世界が続くなら”の『もう君はいい人じゃなくていい』。まず、このタイトルを見てピンと来る人は、迷わず聴いたほうがいいだろう。いや、むしろ、このタイトルに思わずカチンと来るような人こそ、実は聴くべきアルバムなのかもしれない。ちなみに、僕は後者だ。

 篠塚将行(vo、g)の言葉は、今回も冴えまくっている。“彼女が食べた動物は 誰が殺してくれたの”と始まる1曲目の「優しくない歌」から、“「明日やるよ」の明日は来ない”と宣言する「明日のハッピーエンド」、“言ってほしいだけでしょ お前は正しいって”とささやく「水たまりの成分」、“その普通で僕らは狂いそうだ”と吐露する「普通の歌」まで、伸びやかなメロディに乗せて赤裸々に──ときには、いささか不躾な形で放たれる直球の言葉たち。本当は心のどこかで感じているけれど、他人には絶対に言われたくないような言葉(しかしそれは、実際のところ誰かに言ってほしい言葉だったりもする)。それを思ったまま言葉にして歌ってしまうのが、“それでも世界が続くなら”というバンドの本懐なのである。

 しかし、それがなぜ、これほどまでに響くのか。それはきっと、それらむき出しの言葉たちが、誰かに向けて放たれる言葉である以前に、まずは篠塚自身に向けた言葉であるからだろう。だからこそ、その言葉は、ある意味とても容赦がない。そして、その容赦のなさこそが、彼らの“誠実さ”の証であることに、もはや多くの人たちが気づき始めている。何しろ、メジャー・デビューに際して、率直な迷いをファンに伝えるため、ホームページに長々と文章を掲載するようなバンドなのだから。

 とはいえ、このバンドの魅力の中心にあるのは、そんな言葉でも誠実さでもなく、やはり音楽なのだと本作を聴いて改めて思った。ミドル・テンポの楽曲を中心に、まるで篠塚の言葉に寄り添うように高ぶるノイジーなバンド・サウンド。それは時折、ギアが変わったかのように加速し始めるのだ。例えば、本作のリード・シングルとなった「僕らのミュージック」。あるいは、最初の一音から名曲の予感がして止まない「無罪と罰」。そのサウンドの疾走感もあいまってか、これらの曲の中で篠塚の歌は、もはや“誠実さ”を突き抜けて、その先にいる“あなた”の心をストレートに打ち抜こうとするのだ。“僕らのミュージック お前らここに来いよ”あるいは“君が君を好きじゃなくても/僕は君を好きになりたい”と。

“言葉”“メロディ”“サウンド”──それらの要素が三位一体となったときに生まれるロック・ミュージックの愉楽。それは、踏みしめた地面を離れ、フワリと宙に向かって身体が舞い上がるような、実に得難い高揚感を聴く者にもたらせる。その意味で、“それでも世界が続くなら”は、紛れもないロック・バンドだ。100人の中のひとりに向けた音楽としてではなく、ロック・ミュージックに思いを寄せるすべての人に聴いてほしい一枚だ。

(麦倉正樹)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人