南壽あさ子 SINGLE「みるいろの星」ディスクレビュー

みるいろの星

SINGLE

南壽あさ子

みるいろの星

トイズファクトリー

2014.06.25 release

<CD>


地上に降りた彦星の歌? ちょっと違う気もするが……。

 前作「どんぐりと花の空」から時は巡り、南壽あさ子があらたに切り取った季節にはどんなにおいがするのだろう……、ということで、聴いてみたのが新曲の「みるいろの星」(“みるいろ”は英語だとOlive Greenのことだそう)。

 まず、ここにきて制作環境に変化が。サウンド・プロデュースに今回は“凛として時雨”のTKを迎え、ざっくり感もある風通しのいい音になってる。後半などはバンド・サウンドとも言える印象である。

 歌詞の中でキーワードとなっているのは曲タイトルでもある“みるいろの星”。様々なものを象徴する存在として受け取れるが、今は近くに居ないけど、でも確かに自分を見守ってくれるものをそう例えている、という解釈が順当だろう。でもシチュエーション的には、はぐれてしまって別々、というより、主人公は自分の意思で別々を選んだと受け取れなくもない。 

 ここからは筆者の飛躍した解釈だが、まもなく七夕ということを意識するなら、織姫と彦星とも関係ある歌なんじゃないかと、そう意識しながらも耳を傾けてみた。すると歌詞のなかには“一年に一度だけ 走るあの道”という表現も出てくるし、限られた時間を表す“砂時計”という言葉も絡んでくる。もしかして(この言葉をさらに三回くらい唱えつつ)、これは自分だけ地上に降りてきた彦星の歌、という気も、し、な、く、はない。ほぼ間違っている気もするけど、そういう聴き方があってもいいんじゃないかなぁと思う。だって“歌”なんだから。

カップリングの「邂逅」は、南壽あさ子ファンのみなさんが彼女らしさを存分に感じられるものだろう。彼女の作品って、自分にぴったりの“歩幅”を教えてくれるところがあるけど、これもそんな歌のひとつだ。 

(小貫信昭 )

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人