BYEE the ROUND ALBUM「ニンゲンジオラマ」ディスクレビュー

ニンゲンジオラマ

ALBUM

BYEE the ROUND

ニンゲンジオラマ

SMALLER RECORDINGS

2014.06.04 release

<CD>


ロックンロールは、これくらい生ききってナンボだろ

 彼らのようなバンドは、揉まれれば揉まれるほど名曲を生み出せるようになるのではないだろうか。鋭利な言葉と音が次々と畳み掛けてくる今作を聴いていて、そう思った。BYEE the ROUNDの3年ぶりのフル・アルバムとなる2ndアルバム。タイトルは『ニンゲンジオラマ』だが、人間の世界を客観的に捉えたというよりは、彼らの身の回りの世界が捉えられていて、とても生々しい。結成10周年を迎えたバンドだ。これまで、紆余曲折があったことだろう。それを洗いざらい極上のロックンロールにブチ撒けて、リスナーに問うているようだ。お前も抱えているんだろう? だからロックンロールを聴き続けているんだろう? と。
 
 1曲目の「ニンゲンジオラマ」の“生まれて死ぬまで 出来る事は10個も無いんだってわかった”という歌いだしから、キラー・フレーズが目白押し。“可愛いあの子に伝えてやれることは どこにも逃げ場はないこと 生きている限り”(「一言だけ」)、“平和の為の戦闘機 国家予算が空飛ぶ おいおい俺の大事な源泉徴収返せ”(「ソングライター 201」)──ドキッとさせられて、胸の鼓動が止まない。どんどんと露わになっていく、非情な現実。オン・ステージの“ライブ”でも映えそうな骨太な楽曲ばかりだが、それ以上に、生きるという“ライブ”が徹底的に突き詰められている。聴いていてキツイ、と思う人もいるかもしれない。でも、ラスト・ナンバーの「カーテンコール」の愛ある言葉と開けたメロディで、彼らはしっかりと光を見せてくれるのだ。ロックンロールと共に生きていれば、人生捨てたもんじゃないよ──そう身をもって教えてくれるように。ここで彼らに惚れたら、ずっとついていく。そう感じられるくらい、力強さと個性に溢れた力作だ。

(高橋美穂)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人