HAPPY BIRTHDAY MINI ALBUM「NEW ME NEW ME NEW」ディスクレビュー

NEW ME NEW ME NEW

MINI ALBUM

HAPPY BIRTHDAY

NEW ME NEW ME NEW

Sony Music Associated Records

2014.06.04 release

初回生産限定盤/写真 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


おっかなくて、ラブリー

 なんだ、このおっかなくてラブリーな生き物は! 今作のオープニングであり、表題曲でもある「NEW ME NEW ME NEW」を聴いたときの期待の裏切られ方はすごかった。“あー、こういう感じか。◯ゃりーぱみゅぱみゅっぽいファンシー・ポップなおおああぁ!?”と、誰もが若干瞳孔を開くその原因は、あまりに生々しすぎる女の子の日常を描いた歌詞だ。クズの彼氏にズルズルと母性本能をくすぐられながらも、どうにかこうにか振り切るという、女子にとってはあるある過ぎるストーリー。それをチャーミングに歌う、きさ(vo、g)の声とのギャップ。そして途中に入り込む、鬼気迫るあっこ(ds、Performer)のラップ。何もかもが衝撃的だ。その鋭いエッジは「ダイヤモンドブス」、「週休5日の仕事がしたい」と、タイトルからお察しいただけるようにどんどんと研ぎ澄まされ、「何番目かの女の子」でズドンと底まで落ちる。そして、「スターライトシティ」からエンディングの「MUSIC」まで、また徐々に光を取り戻し、作品は気持ちよく着地する。グチャグチャした感情と現状をひっくるめて、最後はきちんと希望を持って、朗らかに前を向かせてくれるのだ。決して、薄っぺらい“オンナノコへの応援ソング☆”ではなく、具体的な事例に裏打ちされた、非常に説得力のあるガチの応援歌といえる。

 彼女たちのすごいところは、その洞察力と詩作クオリティの高さだけでなく、概ねヘビーな情景にポピュラリティを持たせるサウンドと、その彩りの豊かさだ。冒頭に述べたようなファンシー・ポップだけでなく、ロック、バラード、スカに至るまで自由自在。全7曲、聴いていていっさい飽きさせない手腕はお見事だ。

 ただ単純に楽しい音楽が聴きたい人だけでなく、音楽好きにも、何より女の子たちに大推薦できるミニ・アルバムに仕上がっている。彼氏や仕事、同性に対する日頃のイライラを音楽で発散したい女子よ、ぜひ一度、HAPPY BIRTHDAYを聴くべしだ。

(小島双葉)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人