N’夙川BOYS SINGLE「ジーザスフレンド」ディスクレビュー

ジーザスフレンド

SINGLE

N’夙川BOYS

ジーザスフレンド

ビクターエンタテインメント

2014.06.04 release

初回生産分限定 Oh! JESUS !?これがほんまのドーナツ盤や!仕様(紙ジャケット)


100万カラットのときめきロックンロール

 ティーンの心に巣食う得体のしれない渇望感、あるいは身のほど知らずの夢とロマン、そして初恋のときめき──そういったものをダイレクトに8ビートへと変換したような、N’夙川BOYS流ロックンロールの魔法が全編にわたって炸裂する好シングル。タイトル・トラック「ジーザスフレンド」は香取慎吾主演のテレビ・ドラマ「SMOKING GUN~決定的証拠~」主題歌としてオンエアされているので耳馴染みの方も多いことと思いますが、“ジーザス! ジィーザーース!”と諸手を上げてシンガロングせずにはいられない、キャッチーかつ即効性に優れたナンバーだ。続く2曲目「未来はOnly Lonely」は、紅一点・リンダdadaがメイン・ボーカルをとる焦燥感に満ちた疾走PUNKナンバーで、頭ん中に渦巻く疑念や不安を「やりたい事を やりたいでしょう! やりたい事を 貫くでしょう!」と一点突破してみせるプロットが愉快にして痛快。3曲目には代表曲「路地裏BE-POP」の“憧れの夙川スタジアム、空想ライブ・バージョン”なる架空ライブ音源が収録されていて、聴きどころは満載だ。

 夙ボに関しては毎度のことながら、マーヤLOVEのやぶれかぶれなしゃがれ声と好対照をなす、なんともピュアで溌剌としたリンダdadaのエンジェル・ボイスが超絶チャーミングで、聴いていると無性に胸がキュン×2。既婚男子としてはいささか困ってしまうのだけれど、まさにビューティ&ビーストというイメージの男女掛け合いボーカルがこのうえなく青春的なドラマ性を生んでいるし、ここまで衒いなくストレートに青春を鳴らし描くロック・バンドは装飾過多なシーンにあって稀有な存在だと思う、本当に。「真実を追って傷つけたよフレンド 運命を知って傷ついたよフレンド」(「ジーザスフレンド」より)という引き裂かれた感情も、そう、彼らの手にかかれば青春群像劇の輝かしいワン・シーンになるのだ。

(奥村明裕)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人