椎名林檎 – セルフ・カバー・アルバム『逆輸入 ~港湾局~』のリリースを記念し開催された“ちょっとしたレコ発”の横浜公演の模様をレポート!

椎名林檎

2014年5月26日、27日に神奈川・横浜の大さん橋ホールにて、椎名林檎がセルフ・カバー・アルバム『逆輸入 ~港湾局~』のリリースを記念した“ちょっとしたレコ発2014 ~横浜港へ逆輸入~”を開催した。6月5日、6日には大阪にて“ちょっとしたレコ発2014 ~大阪港へ逆輸入~”を控える彼女の横浜港での一夜をレポートする。

TEXT BY 今井智子 PHOTOGRAPHY BY 外山繁(Toyama Shigeru)

ホールの下には税関もあるから、海外航路から着いたところ、といった筋書きだろうか

140603_live_sheenaringo01

 花魁姿で大型コンテナの間に佇むジャケットが、すでにドラマチックなセルフ・カバー・アルバム『逆輸入 ~港湾局~』。そのサブ・タイトルにある“港湾局”管轄の、大さん橋ホールが“ちょっとしたレコ発2014 〜横浜港へ逆輸入〜”の会場だった。ホールの下には税関もあるから、海外航路から着いたところ、といった筋書きだろうか。ジェフ・マルダーの名曲「ブラジル」が流れる中、マオカラーのコート着用のバンド・メンバーに続き椎名林檎は李香蘭ばりのチャイナドレス姿で登場した。彼女をフロントにステージに並んだのは林 正樹(piano)、鳥越啓介(b)、みどりん(ds)、佐藤芳明(accordion)の4人。昨年の15周年公演に参加していた腕達者な面々だ。様々なアーティストに提供してきた楽曲を多彩なアレンジで歌った『逆輸入』を、どんなふうに聴かせてくれるのかと期待が高まった。

140402_live_champagne6

本気で遊ぶ大人の迫力

 床が船のデッキのように総板張りで、曲線を描いて続く天井と壁の間には柱がないこの会場は、音が柔らかく響く。そんな音響を生かすような弾むピアノと共にコケティッシュに歌った「カプチーノ」や、スウィンギーなナマ音の強さが伝わった「雨傘」など、『逆輸入』の曲をまったく装いをあらたにし改めて自分の曲として歌うのが新鮮だったが、このステージの演目はそれに留まらない。幕開けの「ポルターガイスト」のようにお馴染みの曲に、シングルのカップリング曲「愛妻家の朝食」などのレア・ナンバー、さらに「天国へようこそ」など東京事変の曲もふんだんに披露する大サービスなセットリストだった。それは彼女が2曲ほど歌ったあとのMCで言ったように、『逆輸入』発売日でありこの公演日である5月27日は彼女がシングル「幸福論」でデビューした日で、「今日から16年目にキャリアを重ねて行く」ことになるからだろう。また“ちょっとしたレコ発”というタイトルは、ファン(お客様と彼女は言う)からの手紙にあった言葉であり、その“ちょっとした”というニュアンスのように「どこまでユルくやれるかの挑戦」と言っていたが、”ユルさ”というより彼女一流の遊び心を存分に見せてくれるライブになっていた。お気楽にやっているということではない。むしろ本気で遊ぶ大人の迫力といったものに裏打ちされた、特上のエンターテイメントだ。そのための腕達者を揃えていることを曲が進むほどに思い知らされる。そして自分の曲を、その時その時でアレンジを変えて生まれ変わらせて行くことに躊躇せず、音楽家・表現者としての向上心をたゆまず磨き続ける彼女ならではの記念碑的ライブのひとつとして、この日も記憶されることになった。

140603_live_sheenaringo04

スペシャルだけどツアーの一環という姿勢

 幕開けからの数曲に、このライブの姿勢が示されていた。「母国情緒」に「ドラゴンクエスト」のテーマが顔を出し、「労働者」にはジャズの名曲「ワークソング」が入り込む。そして「喧嘩上等」にはニルヴァーナの代表曲を織り込む趣向は、椎名林檎というアーティストと、若いけれども腕と知識と経験豊かなバンドの柔軟性を思いきり見せていた。1枚のブラウスをいろいろなコーディネートで着てみるように、彼女は曲の装いを変えていく。そんな彼女とアイデアやセンスを共有して楽しみ、予想以上のものに実現していくバンドとの熱気や緊張感を、垣間見せてもくれる。それがシンガーとしての彼女を常に進化させていることも実感させてくれるのだ。冨田恵一がエレクトロニカに仕上げた「青春の瞬き」は、テイストも残しつつこのバンドらしい生々しさを伝え、「愛妻家と朝食」は元曲でも使われるアコーディオンとピアノが生きる演奏だったが、後半の攻撃性は穏やかなだけではない朝食風景を思わせた。

140603_live_sheenaringo03

「このやり場のない胸の高まりを、共有して頂けませんか?」

140402_live_champagne6

 4人だけのインストになった「望遠鏡の外の景色に」は、改めて4人の凄腕ぶりに圧倒され、この曲の間に衣装を赤いエリザベス調のロング・ドレスに変えて来た彼女が、アコギを抱えて歌った「とりこし苦労」から、また趣が変わっていった。椎名の衣装替えに合わせてコートを脱いで赤いベストに揃えたバンドの4人は、粋なバーのバンドマンのよう。会場の大桟橋がメリケン波止場と呼ばれた時代には、この界隈にもそんな風体のバンドが演奏する店がいくつもあったに違いない。椎名のロング・ドレスはこの地域が外人居留地の名残を留めていることを連想させた。後半は曲が進むほどにラテン風味が強まって、タンゴにボサノバ、サンバとダンスグルーヴ満載の演奏に。

   

140402_live_champagne6

 しっとりとジャジーな雰囲気になった「化粧直し」はアコーディオンが哀愁に満ちたソロを聴かせたと思ったら、後半はピアノを中心にしたアップ・テンポのセッションになり、曲が終わると同時に椎名が赤いドレスから白いノースリーブにネオン・イエローのペンシルスカート姿に早変わり。気怠く歌い始めた「私の愛するひと」の中盤からノリのいいサンバ調に変わると「EMIガールズにおける私の相方、宇多田ヒカル嬢が結婚しました。このやり場のない胸の高鳴りを、今ここで共有して頂けませんか?」と語りかけ、曲は「Traveling」に。差し出されたマイクにオーディエンスがコーラスで応え、滅多にない盛り上がりになった。EMIガールズはふたりがデビューして間もない’99年に1度だけ組んだユニットで、『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』にも1曲収録されている。

16年目のあらたな船出

140402_live_champagne6

 めでたい気分ももり立てながら目まぐるしく展開しながら南アメリカ方面にフォーカスしていったサウンドは、最新シングル「NIPPON」がサッカーのテーマ曲になったことと関係ありそうだが、その曲ではなくカップリングの「逆に数えて」がアンコールで演奏された。ちなみにアンコールでの椎名は胸に大きな日の丸が描かれたタンクトップ姿。開催までカウントダウンとなったW杯に思いを馳せたのは私だけではないだろう。「反則かと思いますが」と最後を締めたのはバンドの面々がコーラスに加わる「今夜はから騒ぎ」。ラテンなリズムに編み変えた曲は、16年目のあらたな船出を祝しているようだった。
   
   
   
   
   

SETLIST

01. ポルターガイスト
02. 母国情緒
03. カプチーノ
04. SG~superficial Gossip~
05. 労働者~WorkSong
06. 喧嘩上等~Smells Like Teen Spirit
07. 雨傘
08. 青春の瞬き
09. 望遠鏡の外の景色
10. 天国へようこそ
11. とりこし苦労
12. 少女ロボット
13. 遭難
14. 禁じられた遊び
15. 愛妻家の朝食
16. 化粧直し
17. 私の愛するひと
18. traveling
19. 主演の女
<アンコール>
20. 逆さに数えて
21. 今夜はから騒ぎ

140603_live_sheenaringo05

PROFILE

シイナリンゴ/1978年生まれ、福岡出身。1998年5月にシングル「幸福論」でメジャー・デビューを果たす。1999年には160万枚のセールスを記録した1stアルバム『無罪モラトリアム』をリリース。2004年から2012年までは亀田誠治らとともに東京事変としても活躍。2013年11月にはデビュー15周年を記念してコラボレーション・ベスト・アルバム『浮き名』とライブ・ベスト・アルバム『蜜月抄』を発表。今年に入ってからは、DVD「党大会 平成二十五年神山町大会」、セルフ・カバー・アルバム『逆輸入 〜港湾局〜』をリリースしており、6月11日には2014年度NHKサッカーテーマ曲のシングル「NIPPON」が届く。

関連リンク

OFFICIAL WEBSITE

Twitter 

YouTube 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人