N’夙川BOYS – ドラマ「SMOKING GUN〜決定的証拠〜」主題歌「ジーザスフレンド」を書き下ろし、あらたなフェーズへの扉を開けた3人の今のキモチは?

N'夙川BOYS

N’夙川BOYSのニュー・シングル「ジーザスフレンド」は、香取慎吾の主演ドラマ「SMOKING GUN〜決定的証拠〜」の主題歌として制作された。彼らにとっては初めての大型タイアップとなるわけだが、ドラマの世界観を取り入れつつ、“夙川らしさ”もたっぷりと反映させたこの曲は、このバンドの存在をさらに幅広い層に浸透させることになりそうだ。さらに「曲を作っていたときの怒りがそのまま出てしまった」(マーヤLOVE)というロック・チューン「未来はOnly Lonely」、「路地裏BE-BOP〜憧れの夙川スタジアム、空想ライブ・バージョン〜」を収録。エッジとポップがギリギリのバランスでぶつかり合うN’夙川BOYSの魅力をたっぷりと体感してほしいと思う。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

 

主題歌の話がなかったら世に出てない、こういう曲を作ることもなかった

──今日は「MUSIC JAPAN」(NHK・オンエア済み)の収録ということですが。

リンダdada はい。まだPerfumeさんには会えてないんですけど(笑)。
シンノスケBoys 絡むトークはないからね。

──でも、N’夙川BOYSのパフォーマンスをお茶の間に届けるチャンスじゃないですか。

リンダdada そうですね〜。特に今回のシングルはお茶の間の曲なので。

──初のドラマ主題歌ですからね。

マーヤLOVE 主題歌の話がなかったら世に出てなかったというか、こういう曲を作ることもなかったと思います。もうね、まったくのゼロ・スタートだったんですよ。もともと作りかけていた曲の中に雰囲気に合いそうなものもあったんですけど、ゼロから作ることになって。まず、事前に3話分の台本を読ませてもらって……。そのときにかなりしっかり読み込んでしまったから、ドラマがスタートして3回分はあんまり面白くなかったんですけど(笑)。
リンダdada それは、ストーリーがわかってるからな(笑)。
マーヤLOVE もちろん4回目以降は面白く観てます(笑)。

──(笑)。台本を読んだ段階では、どんな印象だったんですか?

マーヤLOVE ヒューマン・ドラマですよね、たぶん。民間の科捜研が舞台になっていて……まあ、僕は科捜研のお世話になったことはないですけど。
シンノスケBoys お世話になったらヤバいやん(笑)。
マーヤLOVE 内容もすごく面白くて。あとね、曲に関してもテーマというか、お題があったんです。
シンノスケBoys ちょっと変拍子が入ってるような感じというか。

──緊張感と激しさがあって、展開の予想ができないようなイメージですよね。

リンダdada 最初は、それは“ウチらの感じとはちょっと違うんとちゃうか?”って思って(笑)。
シンノスケBoys “もしかしてこの仕事、ドッキリちゃうか?”みたいな(笑)。
マーヤLOVE ……っていうくらい大きな話だったんですよね、僕らにとっては。だから、“これはもう、しっかり作らなあかん”と思ってたんですけど、先方から例に挙げてもらった曲を聴いたときに、“これは……自分たちには無理やないか”って思って煮詰まってしまって。
シンノスケBoys ハハハハハ!
マーヤLOVE あとね、結構、スケジュールが厳しかったんですよ。
リンダdada ちょうどツアー中やったしな。
マーヤLOVE うん。曲作りに集中できたのは実質1週間くらいで、あとはツアーの合間に何回もやり直す作業をして。
シンノスケBoys SHIBUYA AXのワンマン(全国ツアー「“Timeless Melody”リリース記念 change your mind!〜いつでも心にタイムレスメロディを〜」のファイナル公演/3月23日)のときも、実は楽屋(ライブ中)で曲作りをやってたんですよ、増子さん(N’夙川BOYSのプロデュースを手がける増子真二)と一緒に。

──あのときのライブは増子さんもベーシストとして参加してましたからね。

シンノスケBoys ワンマン・ライブのときは練習も結構しっかりやるんですけど、それもあんまりできなくなるというか……。
リンダdada 「リハの時間、削らなあかんかも」って言われましたからね。

──ただ、AXのライブも夙川にとってはメチャクチャ大事だったわけで……。

リンダdada そうなんですよ!
シンノスケBoys ホンマにそうだったんですよね。
リンダdada リハの時間を削るとか、ホンマに無理! っていう。
シンノスケBoys (ドラマ主題歌は)ありがたいお話だったんですけど、かなりハードでしたね。
マーヤLOVE (こういうスケジュールは)たまにならいいですけど、こういうことが続くのはヤバいなぁ(笑)。
リンダdada しかも、どういう曲がいいのか、正解がわからなかったんですよね。だから、探り探りやりながら、“やっぱりアカン、違うなぁ”みたいなことが続いて。
マーヤLOVVE 要するに、今までの自分たちの曲じゃ対応できなかったんですよね。その例として挙げてもらった曲をずっと聴いてたんですけど、それをそのままやるわけにはいかないし……。そこで考えたのが“こういう曲を小学生くらいの子供がコピーしたら、どうなるやろ”っていうことで。“難しいところはドンドンはしょろうぜ”みたいな感じで作ったら、夙川らしくなるんじゃないか、と。

──メチャクチャな発想ですけど(笑)、夙川だったらアリですね、たしかに。

マーヤLOVE いちばん気を遣ったのは“メチャクチャ簡単にする”ということですから。言い方はアレですけど、“絶対にクソみたいな音楽にしてやろう”っていう。バンドマンってね、結構人の曲をコピーしてみるんですよ。どんな感じになってんのかな? って。そういうときに、“「ジーザスフレンド」って曲、めっさ簡単やけど、すげえ考えられてんな”って感じになればいいなと思って。それはね、結構うまくいったと思うんですよ。簡単でカッコいいし、サビでバーッと広がっていくわかりやすさもあって。

まさにこのシングルの制作が“ジーザス!”でしたよ

──歌詞に関してはどうですか? ドラマの世界観にリンクしつつ、夙川らしさも出さなくちゃいけないと思うんですが。

マーヤLOVE それも結構大変でしたね。
リンダdada 最初に書いたヤツは「(ドラマに)寄り添い過ぎ」って言われたもんな。
マーヤLOVE 台本を読みまくってたら、そうなってしまって(笑)。「そこまで気を遣っていただかなくて大丈夫ですよ」って言われました。

──意外と気を遣うタイプなのかも(笑)。

マーヤLOVE (苦笑)。なので、あとの半分は自由に書きましたけどね。なんて言うか……このドラマって“人の中にある闇の部分に立ち向かう”っていう内容だと思うんですよ。そこから最初に出てきたのが“ジーザス”という言葉で。俺も普段、腹立ったときは言いますからね。“ジーザス!”って。
リンダdada そやった?
シンノスケBoys そんな口癖、あったかな(笑)。
マーヤLOVE 言うてるやん。“ジーザス!”とか“シット!”とか。
リンダdada 外国人かいな(笑)。

──本来はどういう状況で使うんだろ? 驚いたとき?

リンダdada そうですよね。“クソッ!”ってときも使うし、あとは“嘘やろ?”ってときだったり、喜んでビックリしたときも。
マーヤLOVE 激しい感情を表わす言葉ですよね。あと、ドラマの中に教会のシーンもあったので。

──なるほど。ちなみにみなさん、最近“ジーザス!”と叫びたくなったことはありますか?

マーヤLOVE いや、まさにこのシングルの制作が“ジーザス!”でしたよ。
シンノスケBoys ホンマにそうやな(笑)。
リンダdada で、ウチらが“ジーザスフレンド”です(笑)。
マーヤLOVE ……僕らはメル友です。
シンノスケBoys だいぶ軽くなりましたね(笑)。
リンダdada メル友って(笑)。死語やん。
マーヤLOVE これ、ええタイトルやと思うんですよ。レコーディング・スタジオで「タイトル、どうします?」って聞かれたときにパッと出てきたんですけど、すげえシックリくるし。なんかユルいタイトルはイヤだったんですよね。まあ、いろんなときに感じることやと思うんですよ。電車に乗り遅れても“ジーザス”やし。日常の中にはイラッとすることも多いけど、前向きにやっていきましょうよってことですね。

──なるほど。結果的にはすごく良いトライになったんじゃないですか? 夙川にとっても、今までにはないタイプの楽曲だと思うし。

マーヤLOVE さっきも言いましたけど、こういう話がなかったら作ってなかったですからね、絶対。おかげで幅が広がったし、“こういうのも作れるんやな”ということもわかって。
シンノスケBoys テンポも世界観も、今までの曲とは違いますからね。ライブでも意外とハマると思うんですよ、この曲。まだお客さんの反応はわからないですけど、結構熱くやれるんやないかなって。
マーヤLOVE ただ、この曲を歌うのはかなり難しいですね。
シンノスケBoys ライブのときは、自然にビートが速くなったりするし。
リンダdada 頑張ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人