The Birthday ALBUM「COME TOGETHER」ディスクレビュー

COME TOGETHER

ALBUM

The Birthday

COME TOGETHER

ユニバーサル シグマ

2014.05.28 release

初回限定盤/写真 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


とんでもないところに到達したバンドの雄叫び

 “とんでもない歌が 鳴り響く予感がする”と、先行シングルになった「くそったれの世界」でチバユウスケは歌っている。アカペラで叫んだそのフレーズは予感ではなく、まさにその歌のことだ。それを1曲目に据えた本作は、どの曲も“とんでもない歌”であり“とんでもない音”を鳴り響かせている。

 曲の構成やサウンドはシンプルだが太く、その中に繊細なものが織り込まれている。切れ味の良いギターを両翼にコーラスを従えた歌が立体的に響く「くそったれの世界」に始まり、キレのいいドラムが曲を決めるロカビリータッチの「アイノメイロアイノネイロ」から腰の据わったロック・チューン「SAKURA」を経て軽快でポップな「星の首飾り」、豪快なコーラスが印象的な「LOVE GOD HAND」へと変化をつけて進みパンキッシュな「KIMAGURE KING」と「PIERROT」の間にシットリした「LEMON」「KNIFE」が入る。そしてソリッドな「情熱のブルーズ」、ブルージーな「星に願いを」と続き、最後は未来への視線を感じさせる「COME TOGETHER」。

 歌詞も曲と同様に太く繊細、そして少々センチメンタルだ。例えば「I LOVE YOUは最強」「堕ちる4秒前から止まらないのは」といった、すんなりと心を刺してくる歌詞は岩を削るようにして紡がれたように思えるし、「アイノメイロ アイノネイロ」「愛の帝王! 愛の手を!」といった言葉遊びも意味を持って伝わってくる。そして、「鳴らしたいのは(中略)ガサガサの音(中略)ビショビチョの音」で「愛をテーマに歌ってる」と「情熱のブルーズ」では歌う。ずっとチバはそう思ってきたのに違いない。だからガサガサでビショビチョの音を彼は鳴らし続けてきた。それをあえて言葉にしたのは、このバンドがその言葉に恥じない、とんでもないところに到達したからではないか。そんな雄叫びのような手ごたえに圧倒される作品である。

(今井智子)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人