KANA-BOON – 音楽が、バンドが、楽しくてしょうがない。そんな今の彼らのハイ・テンションっぷりをも表す、疾走感溢れるナンバー「フルドライブ」をリリース。

KANA-BOON

KANA-BOONの快進撃が止まらない。「結晶星」に続く2014年第2弾シングル「フルドライブ」は、圧倒的なスピード感に満ちた4つ打ちのビート、メロディックかつエッジーなギター・フレーズ、独特の言語感覚によってリアルなメッセージを響かせるリリックがひとつになった驚異のアッパー・チューンに仕上がっている。自らの得意技を研ぎ澄ましたこの曲を引っ提げ、現在は初のワンマン・ツアー“KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー”へ突入している彼ら。こちらの予測を遥かに上回る速度で突き進むKANA-BOONは今、さらにスリリングな状況を生み出そうとしている。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之

 

テンションが上がってたし、みんなで楽しんで作った感じが曲に出てる

──ニュー・シングル「フルドライブ」はKANA-BOONの得意技を思い切りぶっ放すような曲で。

谷口鮪 そうですね(笑)。
飯田祐馬 ホンマにそうやな。

──これはいつくらいに作った曲なんですか?

谷口 えーと、去年の秋くらいですね。ワンマンが終わったあとの曲作りのタイミングで、シングル向けの曲を何曲か作っていて。その中のひとつです。

──1stアルバム『DOPPEL』をリリースして、初のワンマン・ライブがあって、次の展開を模索してた時期?

谷口 うーん……どうやろう? ワンマンが終わって、ひと区切りがついて。次に向かって、何をやろうか? っていう感じだったのかな。
飯田 うん。
谷口 気持ち的には、“次に、次に”っていう感じだったと思います。ただ、この曲に関しては、結構何も考えずに作ってしまったんですよね。リフから始まって、いつものようにみんなでセッションしてたら、アッという間に完成したっていう。自分たちの原点みたいな感じで、シンプルに作りました。
飯田 めっちゃストレートやんな。俺らの曲の中でも。
谷口 パッとやってドーン! と出したみたいな(笑)。

──「パッとやってドーン!」と作ると、4つ打ちの高速ナンバーになるわけですね(笑)。

飯田 自然となりますね(笑)。

──「結晶星」のときは、“4つ打ち以外のリズムもやっていきたい”みたいな話もありましたけど……。

谷口 全然やってますねえ、今も(笑)。
小泉貴裕 “原点に返って、楽しんでやろう”と思ってたら、自然に4つ打ちになったんですよね。このリフがあって、体が動くままに叩いたら、こうなってたっていう。めっちゃシンプルなんですよ、このドラム。やっぱり好きですからね、こういう疾走感は。
飯田 めっちゃ楽しかったし、曲が出来るまでのスピードも今まででいちばん早かったんちゃうかな。4回くらい通して、頭の中に浮かんだフレーズを弾いて、それがどんどんハマって。自分の中で気持ちいい音を入れていったら、そのまま曲が出来たっていう感じなんですよ、ホントに。“やった、コレきた!”っていう。

──その場で生まれたフレーズをそのまま使ってる?

古賀隼斗 ほぼ全部そのままですね。新しくワーミー(エフェクター)を買ったんですけど、それも“踏んじゃえ!”って(笑)。テンションが上がってたし、みんなで楽しんで作った感じが曲に出てるなって思います。
小泉 うん。余計なことを考えずに楽しんでやったというか。

──逆に考え込むような時期もあったんですか?

谷口 ワンマンあたりまでは結構考え込んだりもしてましたね。(メジャー・デビューして)環境が急に変わったので、そこでついていけない部分とか、“でも、この流れについていかないといけない”という葛藤も全員ありつつ。でも、ワンマンが終わってちょっと開放的になれたんですよね。1週間くらいまとまった休みももらったし。それまではライブのリハばかりで、曲作りをする時間がなかったんですよ。そのことでもすごい鬱憤が溜まってて。

昔から、新しい曲を作ってないと練習したがらない人たちなので

──曲作りができないことがストレスなんですか?

谷口 たまりますね。昔から、新しい曲を作ってないと練習したがらない人たちなので。

──新曲がないと飽きるとか?

谷口 すぐ飽きますね(笑)。そのうちに気持ちがどんどん下がっていって、“なんで音楽やってるんやろう?”って考え出して……。
古賀 何、悟りを開いてる?(笑)
谷口 (笑)。その1週間の休みの中で、ゆっくり体も休めたし、曲も作れたので。そこで溜まってたものを出せた感じですね。

──なるほど。新しい曲を作ることでモチベーションが上がるバンドなのか。

古賀 そうですね。曲を作って、出来た瞬間にライブでやりたいバンドです(笑)。
谷口 ハハハハハ!
古賀 リリースまで待てないっていう。
谷口 昔はリリースとかなかったですからね。
小泉 ホントにすぐやってたからな。
古賀 ライブの前の日とかに出来た曲も“明日、やっちゃう?”みたいな感じでやっちゃってたし。
飯田 「ないものねだり」とかもそうですね。
谷口 今は勝手に(新曲を)やったら怒られちゃいますよ(笑)。

──(笑)でも、それくらいの勢いがあってもいいのかも。「フルドライブ」の歌詞もサウンドと同じく、めちゃくちゃスピード感があって。

谷口 歌詞はレコーディングが始まってから、みんなが録ってる間に別室で書きました。曲作りのタイミングでサビのところだけは出来てたんですよね。「フルドライブ 走れ フルドライブ 曲がれ」っていう。その言葉に引っ張られて、こうなったっていう感じです。今までみたいに外の誰かに向けた曲でもないし、かと言って、フィクションで世界を作っていく感じとも違っていて。これまでにないタイプの歌詞になった自覚があるし、変わった立ち位置の曲ですね。

──バンドの状態が反映されてる印象もありますけどね。

谷口 そうなんですよね。書いてるときは誰に向ける歌なのかもわかってなかったし、マンガのヒーローみたいなイメージを浮かべてたところもあったんですけど、いざ出来上がってみると、KANA-BOONの現状も表面化されてるというか。それは自分でも発見でした。

──走ってますからね、KANA-BOONは。

谷口 走り続けるバンドですから。
小泉 そうだね。
谷口 一回走り出したら、止まられへん(笑)。

僕ら的には“個性的なバンドにはなれない”と思ってたんですよ、昔から

──しかも、そのスピードが際立ってると思うんですよ。今って個性の強いバンドが数多く登場してますけど、KANA-BOONは一歩も二歩も抜けてる感じがする。

谷口 ……俺ら、個性ないからな。それがいいのかな?
小泉 たしかにな。
古賀 逆に、“王道”がそんなにいないと思うんですよね。今はフックの多い曲が多いから、俺らみたいな王道のスタンスのほうが逆に個性になるのかも。

──あの、KANA-BOONって十分に個性的だと思うんですが……。

谷口 僕ら的には“個性的なバンドにはなれない”と思ってたんですよ、昔から。凡人の集まりですからね。もともとはどうしようもない高校生の集まりだし、今もそんなに変わってないというか。
飯田 うん。
谷口 飛び抜けてすごいことができるわけでもないし、華があるわけでもないし。ほかのバンドと比べて劣ってるわけでもないと思うんだけど……。
飯田 武器を持ってなくて、素手で殴りかかってる感じ?
谷口 そうやな。僕ら自身、そういうのが好きでやってるんですけどね。素手で戦うっていう。

──でも、オリジナリティというか、“ほかのバンドがやってないことをやってる”という意識はあるんじゃないですか?

小泉 ないですね(笑)。
谷口 ファースト・インパクトが大事って思ってるくらいかな。一回聴いたら、しばらく頭から離れないというか。それも“耳に残ることをしたい”というよりも“耳に残らないようなことはしたくない”という気持ちが強いんですよ。カッコよくはなれなくても、ダサくはなりたくない、とか。そういうバンドです。

──華がないとか、個性がないって、コンプレックスになってるんですか?

谷口 コンプレックスではなくて、動力源というか。負け組だから勝ちにいけると思うんですよね。勝ち組は勝ちにいけないじゃないですか? そのために越えなくちゃいけない敵は山ほどいるし。「フルドライブ」にも“追い抜きたい”っていう気持ちが出てると思いますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人