KANA-BOON SINGLE「フルドライブ」ディスクレビュー

フルドライブ

SINGLE

KANA-BOON

フルドライブ

キューンミュージック

2014.05.21 release

初回限定盤/写真 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


ロック・シーンがKANA-BOONを必要とする理由

 いやー、爽快! まさにバンドの勢いを象徴する、さらに言えば、なぜ彼らKANA-BOONがロック・シーンに熱望され、あらゆる現場でオーディエンスを踊らせまくっているのかを端的に立証するような、ドライブ感と起爆力溢れるニュー・ソングだ(ド直球なタイトルもいいね!)。ざっくりと言えば4人が最も得意とする、高速BPMの4つ打ちビートを基調としたダンス・ロックなのだが、主人公とそのライバルが熾烈なデッドヒートを繰り広げるようなプロットと曲展開が無類のスリルを生み出していて、何しろ異様に即効性と機能性の高い仕上がりとなっているのだ。で、勇猛なビートの波を軽々と、そしてリズミカルに乗りこなしていく谷口鮪のボーカルには、それ自体にある種のカタルシスを感じさせるし、昨年がそうだったようにまた夏フェスやイベントでとんでもない熱狂を生み出すんだろうなあ(入場規制となった“ROCK IN JAPAN FES.”での盛り上がりは本当にスゴかった!)。

 カップリングの「レピドシレン」も次々に障壁を突破していくような疾走系ナンバー。とりわけ印象的なのはメイン・ボーカル以上に歌いまくる古賀隼人のギター・プレイで、全編にわたって高揚感溢れるフレーズをかき鳴らしている。以前言葉を交わしたときに、「いちギタリストとして突出できるように、思い切ってプレイした」と語っていたが、彼が今ギタリストとしての最初の覚醒期にあることを感じさせる好演だ(ちなみに“レピドシレン”とは“淡水魚”のことで、息継ぎのため水面に上がらないといけない生態を、シーンを這い上がっていこうとする自分たちのメタファーとして用いたそう)。もうひとつのカップリング「夜のマーチ」は、一転してロマンチシズムに満ちたミドル・ナンバー。アルバム『DOPPEL』収録の佳曲「夜をこえて」の続編的なものを、という意図で書かれたもので、心地よい読後感を与えてくれる。

 郷里・大阪での1万人規模の野外ワンマン(=8月30日の“KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス”)、そして初のMステ出演(!)も決定した彼らがどこまで飛べるか──期待に胸膨らませて見届けたい。

(奥村明裕)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人