Lyu:Lyu – Lyu:Lyuからあらたな傑作『GLORIA QUALIA』が届いた。“ある試み”をしたことにより今作でさらに進化を遂げた彼らに話を聞いた。

Lyu:Lyu

新作『GLORIA QUALIA』(7曲入りミニ・アルバム)によってLyu:Lyuは、自らの本質を今まで以上の強度と深度で表現してみせた。生きる意味なんて存在しない、他者とわかり合えることもない。そんな真実をしっかり見据えながら、決して絶望に逃げ込むことなく、圧倒的なカタルシスを持ったロック・ミュージックへと結びつける。特にリード・トラックの「メシア」は、彼らの新しいアンセムであると同時に、“自分とは?”“生きるとは?”という根源的な悩みを抱える人々の心に強い光を与えることになるだろう。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

 

今回はコヤマから「1から自分に作らせてほしい」って言われた

──「GLORIA QUALIA」、本当に素晴らしいです。Lyu:Lyuというバンドの本質がもっともダイレクトに表現された作品だと思うのですが、みなさんの手ごたえはどうですか?

コヤマヒデカズ そうですね。メンバーの3人だけじゃなくて、協力者たちも含めて、チーム全体が“本当に良い作品が出来た”という手ごたえを感じてるんじゃないかな、と。
有田清幸 今回は作り方が結構違ってたんですよ。全曲、コヤマが持ってきたデモ音源がもとになっていたので。今まではセッションとかジャムって曲を作ることも多かったんだけど、今回はコヤマから「1から自分に作らせてほしい」って言われたんですよね。そのぶん、制作のときも“この曲にはこういう音が必要だな”とか“こういうフレーズがあったほうがいい”ということを考える時間が多く取れたんですよ。すごく緻密なデモを作ってくれたから、イメージも捉えやすかったし、あとは“これをどうやって良くしていくか?”ということですよね。
純市 うん。デモが作り込まれていたから、ベースのアレンジを固めるのも時間がかからなくて。スタジオに入ってから、形になるまでのスピードも速かったんじゃないかな?
有田 絵コンテが付いた脚本が用意されていて、どう演じるか? を考えるだけで良かったというか。
コヤマ 宅録でデモを作るということはずっと前からやってたんですよ、個人的には。ただ、このバンドを始めてからは、ジャムりながら曲を作るとか、いろんな方法を試してたんですよね。“まずデモを持っていく”という方法はしばらく封印してたところがあったんですけど、今回初めて、それをやってみたっていう。

──どうして“封印”してたんですか?

コヤマ 前にやってたバンドでは、デモを持っていってたんです。ただ、当時の自分は今よりも輪をかけて融通が効かない人間だったから……。
有田 ハハハハハ。
コヤマ 自分が作ったデモと違うことを演奏されることすらガマンできなかったんです。「勝手にフレーズを変えないでくれ」って言ってましたからね、その頃のメンバーに。そんな活動をしていたら当然、上手くいかないわけですよ、メンバーの人間関係が。結局、何度も衝突して、何度も解散して。そのうちに“このやり方は、バンドを続けていくためには正しくないんだな”と気付いたんです。ほかのメンバーにもやりたいことがあるし、それぞれに“どうしてバンドをやってるか?”という理由もある。それを潰すような真似をしてたんだな、と。だからこのバンドを始めたときはデモを持っていかないようにしてたんですよね。

──それよりもバンドを継続させることが大事だった、と。

コヤマ ジャムりながら曲を作ることもやったことがなかったから、自分の守備範囲、許容範囲を広げるためにも、そういう方法を経験してみたいという気持ちもあったんですよね。ほかの人の演奏についていったり、音楽的な駆け引きも出来るようになりたかったし。
有田 まあ、デモを持ってくることもあったけどね。
コヤマ それも自分のなかでは“恐る恐る”だったんですけど。
有田 今回の制作でも、コヤマとは“ちゃんとバンド・サウンドになるのかな?”という話はよくしてましたからね。“デモの音源を3人で形にしたとき、どうなるか?”という心配があったというか。
コヤマ “あまりにもひとりでやり過ぎてしまったんじゃないか?”とか“これはバンドの曲と言えるのか?”という不安がずっとついて回るんですよね。自慢してるわけではないんですけど、なまじデモを作れてしまうので、それを強要しちゃうと過去の過ちを繰り返してしまうことになるんじゃないかって。そこにはずっと注意を払ってました。

コヤマの書く曲が好きだからバンドをやってる

WW_livereport_Champagne_02

──コヤマさんのデモを軸にして制作を進めることは、バンドにとってひとつの賭けだったのかもしれないですね。

コヤマ そうですね……。去年、初めてのフル・アルバム(『君と僕と世界の心的ジスキネジア』)を出して“それがリスナーにどういうふうに届いているのか?”ということを冷静に見返してみる時期があったんです。“過去、自分たちがやってきたことは何だったのか?”を改めて考えるというか。そのときに当然、“次はこれ以上の作品を作りたい”と思ったし、“ここから一段、二段と階段を上がっていくために、バンドに必要なことは何だろう?”っていうのをずっと探っていたんですよね。これはあくまでも俺の想像ですけど、このふたり(有田、純市)も“次はもっと踏み込んだ表現をしたい”と思ってるんじゃないかなって……。
有田・純市 (笑)。
コヤマ 個々に足りないもの、バンドとして足りないこともわかってきて、もっと音楽的に濃い表現をしたいというモードになってる気がして。それをやるためのひとつの方法として、“自分でかじ取りをしてみよう”と思い立ったんです。これはメンバーにも言ったんですけど、途中で“失敗だったかもしれない”と思ったし、“ひとりでやり過ぎてる”と感じたこともあったんだけど、最後は——これは結果論でしかないんだけど——去年の作品よりももっと深いものが出来たと思いますね。ふたりも(デモを)しっかり噛み砕いて表現してくれたし。
有田 毎回毎回、レコーディングが終わるとともに“新しいものを作りたい”“違うことをやりたい”というのは思ってますからね。今までは“ライブでやってることを作品として封じ込める”という気持ちで制作してたんですけど、去年くらいから“ライブと音源を良い意味で別のモノにしたほうがいいんじゃないか”という話をちょっとずつしてたんですよ。そのためには草案を書いたり、設計図を引く人は統一したほうがいいだろうなって。だからこそ、コヤマに「デモを作りたい」と言われたときも、「いいよ」ってサクッと言えたんじゃないかな、と。
純市 うん。
有田 バンドを始めたときに立ち返った感じもあるんですよね。コヤマの書く曲が好きだからバンドをやってるわけだし、それを増幅させる役割を担うということなので。ただ、悔しいわけですよ、デモのレベルが高いから(笑)。
コヤマ (笑)。
有田 コヤマのデモを聴くと、ドラムのフレーズにしても何にしても、すべての音にちゃんと必然性があるんです。でも、こちらとしてはそれを上回りたいじゃないですか。純市とも“どうにかデモを上回って、驚かせたいね”って話してたんですけど、その追っかけっこでしたね、今回は。もちろん、デモのまんまの部分もあるんですけどね。こちらも納得できるものを提示してくれてるわけだから、そこには抵抗がないというか。
純市 デモにムダがないんですよね。“このままでいいじゃん”と思うことも多いんだけど、そのなかで俺ら自身の音楽性を出さなくちゃいけないな、と。そうやって毎回チャレンジしていくなかで、少しずつイメージを具現化できるようになってきて。かなり幅は出てきたと思いますね。
有田 いい感じでバケましたね、今回は。デモを壊すことなく、バケさせることが出来たと思います。俺と純市でベーシックを録るんですけど、エンジニアの方と相談しながら、イメージどおりの表現が出来たと思うし。
純市 今のエンジニアさんと制作するようになって、今回が3回目ですからね。こっちが出したい音もわかってくれてるし、作業もスムーズになってきて。

──ベースの音色、めちゃくちゃ好みです。タイトでシャープなんだけど、単に攻撃的なだけじゃなくて、ベース・ラインがはっきり聴こえて。

純市 あ、ありがとうございます(笑)。今回はギターの音もかなり変わったんですよ。“聴きやすさ”みたいなことは取っ払って、コヤマ自身が影響を受けたものが出ていて。
コヤマ そういう話もしてたんですよね。もともと俺はノイジーなギターが大好きだったんです。ニルヴァーナとか、スマパン(スマッシング・パンプキンズ)とか、マイブラ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)とか、ダイナソーJr.とか。でも、このバンドでは、そういうギターをぜんぜん弾いてなかったような気がして。たぶん、しっかりコード感を出していこうと思ってたんですよね。今回はそうじゃなくて、自分の好きな感じでやってみようと思って。

──当たり前ですけど、音像や楽器の音色ってすごく重要ですからね。

有田 そういうことに関して、今までコヤマに意見を求めてなかったんです。コヤマもほとんど何も言わなかったから、こっちも“たぶん、これでいいんだろうな”と思っていて。でも今回は「“こういう音にしてほしい”というイメージがあったら、絶対に言ってほしい」って、こちらから言ったんですよ。
コヤマ うん。これは個人的な話になっちゃうんだけど、俺はレコーディングが苦手なんですよね。だから、ただ録るだけで精一杯だったというか。今回は全体の録り音にしてもギターの音にしても、いちばん上手くできたと思いますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人