Koji Nakamura – 様々なクリエイターが作詞家として参加し、サウンド・クリエイトとボーカルに専念したというソロ・アルバム『Masterpeace』を語る。

Koji Nakamura

“LAMA”としてバンド活動、また、“iLL”、“NYANTORA”としてソロ活動も行う中村弘二が、あらたに自身の名前、“Koji Nakamura”としてソロ・プロジェクトをスタートした。彼はボーカルとサウンド・クリエイトに徹し、作詞は幅広いクリエイターに委ねるというスタンスでアルバム『Masterpeace』を完成させた。彼のこれまでのキャリアを総括し、あらたな音楽的挑戦を込めた本作は、フレッシュな空気に満ち溢れている。進化し続けるナカコーの、今を切り取ったアルバム『Masterpeace』について、たっぷりと話を聞いていこう。

INTERVIEW & TEXT BY 土屋恵介

 

音をある程度固めてから、作詞する人に渡して歌詞を書いてもらった

──今回、Koji Nakamuraとしてソロ・プロジェクトをスタートしたきっかけから聞かせてください。

最初に「ソロをやってみないか?」って話をもらったとき、ちょっと見えない部分もあったので、やりつつ考えてみようかなって思ったんです。

──それはいつくらいの話ですか?

LAMAの2ndアルバム『Modanica』の制作が終わって、(渋谷)WWWでライブをやって、しばらくしてNYANTORAの制作の目処が立ったときですね。自分名義でのビジョンはまったく考えてなかったから、やってく中で見えていけば良いかなと思ったんです。去年の4月〜6月くらいで少しずつまとめていきました。

──歌、作曲、サウンド周りはナカコーさんですけど、作詞をいろんな人がやってるのが今回の面白いポイントですね。しかも人選もユニークで。

そのきっかけは、自分がほかでやってることとの差別化がいちばん大きかったです。あとは、単純に面白そうだなと思ったし。人選に関しては、自分からやってみたい人っていうのもあったし、逆に意見をもらったのもあるし。最初に自分からやりたいと思ったのは、京田(知己)監督と、永津(愛子)さんですね。

──京田さんはアニメ監督、永津さんは脚本家と、これまで作詞はやってなかった方ですよね。

そうですね。ただふたりとも2年くらい前に仕事を一緒にしていたので。京田監督の場合は、「(交響詩篇)エウレカセブン」のときに僕も制作現場に行って監督が指揮してるのを見て、面白い演出や作業の進め方するなって。そのときに歌詞を頼んでみたいなと思ったし。歌詞じゃなくても、もう一回何か仕事をしてみたいなと思ったんです。永津さんは、NHKのラジオ・ドラマ「エーテル」でお仕事したときに、台本が面白いなと思って。そのときも、また一緒にお仕事したいなって思ったんです。

──あとは面識のある人たちだったんですか?

そうでもないんですよ。ACOちゃんは前にコラボを一緒にやったことはありましたけど。LEO今井くんはライブでKIMONOSとかで会って挨拶くらいで、がっつり話したことはなかったし。JINTANAさんも初対面でした。内田(万里/ふくろうず)さんは会ったりはしてたけど、一緒に仕事するのはほぼ初だったし。

──作業としては新鮮にできたわけですね。楽曲制作自体はどのように進めたんですか?

基本的には、僕が音や構成、歌詞の入るメロディを作って、音をある程度固めてから、作詞する人に渡して歌詞を書いてもらったんです。

──歌詞が入ってから音を直したりは?

ほとんどなかったですね。楽器の差し替えをしたものもあるけど。僕、今までも作詞は最後なんです。詞先はないし、ある程度全部音を作ってから、歌詞を書いて歌を乗せて完成させるって感じなので。

──言葉の部分で違うフィーリングを求めたんですか?

そこまで強く思ってたわけじゃないけど、自分と違う人たちが書いたら面白いかなって。

──わりと一般的には自分名義のソロだと、全部自分のもので作るというイメージがありますが、そうじゃないのがナカコーさんらしいなと思いました。

まあでも、僕にとってはどっちも自然な行為なので、あまり疑問に思ったことはないですね。すごく自然な感じでしたね。

──歌詞のイメージは伝えたんですか。

はい、イメージを書いたものを、作詞する人たちに渡す作業はしました。わりとみんなに渡したのは、風景描写が多かったですね。街が見えるような風景だったりとか。

──音から感じる風景を渡した、と。

そう。そこから思ったことを各自が書いていく作業だったと思います。

──自分のイメージが、人の手で変化していくのも面白かったのでは?

それは全部の曲でありましたね。

──自分じゃ書かないような言葉もあったと思うんですけど、それを歌っていく感覚は?

いや、それも自然と歌えましたね。

今、好きな音楽をパッケージとしてポップスにっていう

──では、音の方向性は、全体的にどのようにしようと思っていたんですか?

今、自分の好きな音楽、興味ある音楽をポップ・ミュージックに落とし込みたかったんです。

──最近聴いてるものは?

ドローン・ミュージック、ライブラリー音楽も好きだし、そのへんが多いかな。OPN(ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー)とか好きですね。

──ミニマル、アンビエント感のあるジャンルをポップ・ミュージックとして昇華していると。

自分としてはやってることは変わらずって感じです。今、好きな音楽をパッケージとしてポップスにっていうのはいつもやってることですね。

──たしかに。では、楽曲に触れつつ話を進めましょう。じわじわ明るさを放っていく京田さんとの「Blood Music」は、どういうイメージが最初にあったんですか?

音もそうですけど、歌詞は夜が明ける、何かがスタートするイメージでしたね。

──「DAISY」は、かなりギター・バンド感が強い曲ですが、久々にこういう曲をやってみたいという想いもあったんですか?

「DAISY」は、仮タイトルが“YOUTH”ってタイトルで、単純に若いバンドがやるようなことをやってみようってテーマだったんです。ギター・ロックをやりたいというよりは、若いバンドがやるとある程度勢いでできちゃうじゃないですか? でも自分はそんなに若くないので(笑)、若いバンドのコスプレしてるみたいな感じでやったんです(笑)。そうすると違う視点で見えるから面白いなと思いましたね。

──内田さんの歌詞はシンプルかつストレートですね。

内田さんにお願いしたのは、そういうのがほしかったんです。内田さんは若さ担当でした(笑)。

──(笑)。内田さんは「TWILIGHT GIRL」も作詞してますが、スロー・テンポのシューゲイザー・ソングです。

曲自体は、自分が18歳くらいに作ってたものが基になっているので、これも若い内田さんに書いてもらいたいなって思ったんです。

──かなり前の曲も今回引っ張り出したんですか?

はい。でもそういうのはどのアルバムでも毎回あって、今回も、そういえばあったなって。

──それって、ぱっと思いつくんですか。

思いつきますね。

──すごいですね(笑)。曲の断片がずっと頭に残ってるんですか?

音も録ってあるけど、なんとなく頭に残ってますね。自分で書いてるから、これやってなかったなっていう曲はいつかパッケージしたいなって常々思いますね。

──歌詞は、甘い夢を見た女の子ってイメージですね。

内容は内田さんらしいなとは思いますね。でも、若い感じでとかお願いしたわけじゃないですよ(笑)。僕より若い人と何か作業するってことが重要だったんです。

──アルバム全体を通じて、人との化学反応で起こる変化を追求したってことですね。

そうですね。そういう関わり方のある作品っていうのも面白いなと思ったので。

普通に聴こえる歌詞と数式とのダブルミーニングを作って書く

──なるほど。LEO今井さんは、「Diamond」「B.O.Y.」「Slide」と、3曲の歌詞を手がけています。

LEOくんはメチャクチャ早くて、彼はすごいなと思いました(笑)。

──早いというのは?(笑)

下書きを送ってくるんじゃなく、完成されたものが何パターンも送られてきて、それにビックリしました。

──「Diamond」は、じわじわ上げていくグルーヴ感とファンキーさがマッチしたナンバーですね。

「Diamond」は、ザ・フィールド(スウェーデンのテクノ・アーティスト)の初来日ライブを“朝霧JAM”で見てすごいと思って、そのポップス版を作ってみたいと思ったんです。オマージュだけど、もちろんそのまんまじゃなく、少しずつ違うものを混ぜていく感じでした。

──今までとは違う黒さが音に出てるなと思いましたが。

黒さは、ザ・フィールドってことに焦点を当てすぎずにって思ったところから、ブラック・ミュージックっぽさを入れたんです。

──「B.O.Y.」は、エレ・ポップからギター・ポップになるような展開の楽曲です。

ここ2年ぐらいジャングルをテープコラージュして作品にする人が増えてきてて、そのポップス版を作ってみたいと思ったのがきっかけですね。

──それでリズムがすごく跳ねてるんですね。

そう。ジャングルのテープコラージュしてる人たちは、リズム感をジャングルのビートのほうに置いてるんじゃなくて、コラージュの編集ポイントにリズムを置いてて、それがすごく画期的だと思ったんです。でも、ただそのままやるとかなり実験的になっちゃうので、もう少しわかりやすくポップスに落とし込んだんです。

──あと、「Slide」はベース入りでソフトなサイケ感がある曲になってます。

そうですね。LEOくんには、違うタイプの曲を書いてもらえて良かったです。

──永津さんとの「I know」は、タイトなバンド感が出たナンバーです。

オルタナティブじゃなくきっちり編集した感じのバンドがここ数年多くなってきてて、それを自分なりにやってみたらこういう面白い形になったんです。

──しかも、この歌詞は、数式と恋愛が絡み合っていて、この発想は面白いですね。

永津さんは理系の女子で、スタジオでも爆弾の話とかしてるんです(笑)。理系的な発想と言葉を組み合わせてるのが永津さんらしいなって。永津さんから、普通に聴こえる歌詞と数式とのダブルミーニングを作って書くってアイデアが出たときに、面白いと思ったし、その瞬間に完成形が見えましたね。

──音楽って文系っぽい空気もあるじゃないですか。そういう意味でも、これは画期的な曲だと思いました。

そもそも永津さんはかなり珍しい人だと思います。脚本もできるし化学系もかなり詳しいし。「エーテル」って作品が、宇宙の素粒子の難しい話と男女の物語を結びつけたストーリーだったから、それを集約したような形の曲になりましたね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人