米津玄師 ALBUM「YANKEE」ディスクレビュー

YANKEE

ALBUM

米津玄師

YANKEE

ユニバーサル シグマ

2014.04.23 release

画集盤(初回限定生産)/写真 <CD+画集>
映像盤(初回限定生産) <CD+DVD>
通常盤 <CD>


あなたにとって大切な一枚になる

 2年ぶりの新作は、胸をわし掴みにするアルバム。聴き手の心の柔らかい部分に突き刺さるような、そして大事な部分にそっと入り込んで寄り添ってくれるような、そんな音楽。米津玄師という稀有な才能が作り上げたのは、そういう類のポップ・ミュージックだ。

 ボカロPの“ハチ”としてニコニコ動画で大きな注目を集め、新しい世代のクリエイターの代表的な存在となった彼。本名の“米津玄師”名義で初めてリリースした2年前のアルバム『diorama』は、彼にとって新しい一歩となった作品だった。自らの声で歌い、アレンジや演奏やアートワークまですべてを自らの手で作り上げることで、その圧倒的な世界観の奥深さを示した一枚だった。巨大な孤独を描き切ったアルバムだった。ただ、それは“ジオラマ”というタイトルどおり、どこか俯瞰の視点で捉えたものだった。

 メジャー・デビューを経たこのアルバムの前作との最も大きな違いは、そこだ。自分の世界観を示すというより、リスナーに“贈り物”のように手渡されることを意図したアルバム。まっすぐに届くために、言葉もメロディも鋭く磨き抜かれている。1曲目のタイトルは「リビングデッド・ユース」。つまりは人とコミュニケーションをとることが難しく“生ける死体のような子供時代”を過ごしてきた彼自身の、そして同じような繊細な心を持ったたくさんの人に響くだろう歌。アルバムのラストに収録されているのはハチ名義で昨年秋に久々に発表された「ドーナツホール」のセルフ・カバー。“ドーナツの穴みたいに埋まらない空洞”を歌った曲だ。「アイネクライネ」や「花に嵐」のような、“あなた”と“私”の一対一の関係を歌う曲、傷ついた子供たちに優しく手を差し伸べ包み込むような曲も収録している。

 アルバム・タイトルは“移民”という、アメリカでこの言葉が生まれた頃の語源に由来しているとか。ボーカロイドのシーンからポップ・ミュージックのシーンへの“移民”。そんなふうに意味を捉えることもできるかもしれない。ただ、このアルバムを聴くと、米津玄師は“あなたのもと”へやってきているように感じる。そういう印象がある。

(柴 那典 )

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人