赤い公園 SINGLE「絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く」ディスクレビュー

絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く

SINGLE

赤い公園

絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く

EMI R

2014.03.12 release

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


奔放な恐るべき大人たち

 赤い公園は本当に一筋縄ではいかないバンドだ。昨年出た1stアルバム『公園デビュー』は、「今更」や「交信」のようなポップ・ソングがありながらも、初期のスーサイドを想起させる「つぶ」のような曲もあったりと文字通りカオスだったし、続くシングル「風が知ってる/ひつじ屋さん」ではそのカオスを保ちつつ、平井 堅「POP STAR」の秀逸なカバーも収めるなど聴き手をまったく飽きさせない。特に「ひつじ屋さん」なんて、スカム・ミュージックとして捉えられてもおかしくない狂気を孕んでいた。それでもポップ・ソングとして多くの人に届き、映画の主題歌にまでなってしまうのだから、メンバー4人とも高いポップ・センスの持ち主なのだろう。

 そんな赤い公園の最新シングルが本作「絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く」なのだが、こりゃまたすさまじい内容だ。ドラマのタイアップ曲でもある「絶対的な関係」は、ちょうど100秒で終わるゆえの最大瞬間風速がとてつもない。ハードコア・パンクやメタルに通じるアグレッシブなサウンドに切れ味鋭い歌詞が絶妙に絡み合い、快速東京と比肩するスピード感もある。それに歌メロは昭和歌謡! もともと1曲に多くの要素と情報量を込める赤い公園とはいえ、「絶対的な関係」の迫力は異常にすら思える。もちろん筆者は一発でノックアウトされてしまった。

 一転して「きっかけ」は、静謐なピアノとストリングス、そしてモグワイに通じる激しいポストロック・サウンドが印象的な曲。ひんやりとした質感と美しさを湛え、佐藤千明の彩度あるボーカルも華やかに映っている。また、IDMを連想させる電子音も効果的に用いられ、このあたりはバンドの実験精神をうかがわせる。

 そして、もはや恒例となった感じもするカバー・ソングだが、本作では槇原敬之の「遠く遠く」を選んでいる。こちらも佐藤千明のボーカルを堪能でき、シンプルながらも心地良いサウンドスケープが魅力的。

 赤い公園、膨大なポテンシャルを秘めた面白いバンドであることに異論なし。

(近藤真弥)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人