livetune feat. 初音ミク MINI ALBUM「DECORATOR EP」ディスクレビュー

DECORATOR EP

MINI ALBUM

livetune feat. 初音ミク

DECORATOR EP

トイズファクトリー

2014.03.05 release

初回盤/写真 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


初音ミクを迎えた最新EDMキラー・チューン!

 Galileo Galileiの尾崎雄貴氏をゲスト・ボーカリストに迎えた“livetune addingシリーズ”(←ゲスト・ボーカリストを迎える企画!)最新作シングル「FLAT」と同時発売となるのが、livetune feat. 初音ミクによる新作ミニ・アルバム『DECORATOR EP』だ(←本作のこと)。そもそも、この2作品を合わせたらアルバムになるじゃないかってぐらい、勢いにのっているのが、livetuneの今の気分なのだろう。

 インターネット文化から誕生した希代のクリエーター・kz氏によるワールドワイドな音楽プロジェクトlivetuneは、クリエイター視点からインターネット文化の魅力を描ききったgoogleとのスペシャルなタイアップのために書き下ろした「Tell Your World」以降、総クリエイター時代の先端を突き進むネクストステップへと足を踏み入れている。

 それこそkz氏は、クラブ・シーンの最前線でDJとして活躍をされているのだが、世界同時多発的なEDM全盛のシーンにおいて昨年、18万枚ものチケットが即完したという世界最大級のEDMフェス“Tomorrowland”を観にいかれたことが大きな刺激になったようだ。以前取材したときに「EDMは完全に、スタジアム・ロックなんですよね。オーディエンスが踊りにきているというよりも、DJが繰り出すサウンドとのトゥギャザー感を味わうために楽しんでいるんですよ。関係性が完全にロック・スターなんですよね」と、語られていたことが本作にも大きく関与しているように思う。

 2曲目には代表曲である「Packaged」を、フロアでの経験をフィードバックしたEDMテイストなアレンジでのShipping in 2013 remixとして収録している。さらに、英語版のボーカロイド、初音ミクを起用した「Connection」では、完全に王道EDMとして感情をアップリフトする快楽ポイント高めの胸を躍らせるナンバーをセットアップ。さらに、本作には人気コスメ・ブランド、shu uemuraのコレクション用に制作されたナンバー「Pink or Black」を収録していることも聴き逃せない。そして新曲「Long Way From Here」での骨太なキラキラ感、一変して美しきピアノによるメロディが印象深い「Andante」での新境地となるドラマチックな名曲ポップ・チューンの在り方にも驚かされた。まだまだ引き出しの広さを感じさせるlivetuneの溢れんばかりの才能から、目を耳を離せそうにない!

(ふくりゅう(音楽コンシェルジュ))

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人