赤い公園 シングル「風が知ってる」インタビュー –

赤い公園

なんて素敵で危険な曲なんだろう! こんな曲を作り、こんなふうに演奏できるのは赤い公園しかいない。唯一無二の魅力が凝縮された新シングルに収録されるのは、この3曲。「風が知ってる」はテレビ・アニメ「とある飛空士への恋歌」エンディング・テーマとして、「ひつじ屋さん」は映画「呪報2405 ワタシが死ぬ理由 劇場版」主題歌に、書き下ろされたニュー・ソング。そして平井 堅「POP STAR」のカバーで、ガールズ・バンドならではの愛と強さを見せつける。ミニ・アルバム『透明なのか黒なのか』でメジャー・デビューして2年、赤い公園の快進撃は止まらない。

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子

 

この曲はまさにごちゃ混ぜ

──新曲は2曲とも映像作品とのタイアップですけど、どんなふうに生まれたんでしょう?

津野米咲 書き下ろしは初めてなんですけど、「とある飛空士への恋歌」のエンディング・テーマになった「風が知ってる」のほうが先で。飛空士の群像劇なんですけど、恋愛もありつつ闘いにいくところもありつつ、というところがRPGっぽい。「ゼルダの伝説」とかの感じがあって。現代音楽寄りのアニメ音楽のコード進行というのを出したいなと思って、イントロあたりから作り始めて。サビのメロディは最初は全然違ってたんです。もっと暗かったんですよ、中島みゆきさんぐらいの(笑)。だけどデモ音源を作っていく段階で、そのコード進行を全部1回なくして、穏やかに感じに作ろうと思って。で、出来ました。

──複雑でドラマチックな展開の曲になってますね。

津野 そうですね。構成を、引き算するのは今までたくさんやってきたんですけど、パートを増やしていくというのは、あまりやったことのない感じでしたね。

──今までにないぐらい、遠慮なく大胆な感じがします。

津野 挑戦しましたね。逆に自由になってる。自由になったのち、メロディがめちゃめちゃポップになってる気がしますね、自分でも。

──そう、メロディがすごく綺麗で、佐藤さんの声が生きてる。その一方で重層的に音を入れて、暗さとかノイズ感とかの配合が面白いし。

津野 ごちゃ混ぜのことをやってるバンドだとずっと思ってましたけど、それでも曲毎にジャンル分けができる。この曲はまさにごちゃ混ぜだと思うんですよね。ベースがやってることとドラムがやってることと、ギターがやってることが全然違うし。歌は完全にJ-POPだし(笑)。ちーちゃん(佐藤千明)の歌だけでも成り立つような。それがひとつにまとまったときに、今までに聴いたことないカッコいい感じになるなと思って。

──アレンジは曲を作りながら考えるんですか?

津野 メロディがこれだけ強いし、言葉も強いし大丈夫だろうというので、楽器隊は、厳密に言うともうちょっとポスト・ロックっぽい。実際、ポスト・ロックって自分たちのことを言われても、何がポスト・ロックかわからなくて(笑)。でも自分たちの思うポスト・ロックっぽいものになってる。ギターはさておき、ドラムとかベースはそっちに寄せてる感じです。

──複雑なのでライブで合わせるのが大変そう。

津野 初めて同期を使いまして。ライブでもやるんですけど、自分たちでやってても、同期でもダサくないっすね。みんな複雑なことやってるんですけど、パッと聴きにはピアノとギターと歌が占めてる割合が大きいから。歌とギターが生で、その印象が強いんで、成り立ってる気がします。

──歌詞は、「とある飛空士への恋歌」のストーリーに合わせて?

津野 そうですね。最後の“その体温は僕と/風が知ってる”というところがまず出来て、それまでを書くということをやりましたね。

──佐藤さん、歌って意識したところとかありますか?

佐藤千明 この歌は、すごくイメージが沸いてきますし、私も脚本を読ませていただいて、暗い物語のように見えてすごく希望に溢れてるなあと思ったので、その感じが歌の中で出せたら良いなあと思って。最後のサビで、バーン! と歌う感じにして、ほかはちょっと抑えて、淡々と歌うようなボーカルになりましたね。

”お前ら変態好きだって言うけど、これだよ変態は”っていう曲

──次の「ひつじ屋さん」はまったく違うテイストで、「のぞき穴」に通じる雰囲気もあって赤い公園らしいと思ったんですけど。

津野 うれしい。『黒盤』(『透明なのか黒なのか』)というミニ・アルバムと、シングル「のぞき穴」みたいなものを感じてもらえたらなと思って作ってるんですけど。「のぞき穴」より全然ポップだと思いますね。成長したなって(笑)いちばん感じてもらえるんじゃないかな。

──もちろん感じます(笑)。楽器それぞれがバラバラに動きながらカチッと合う感じが、ルービック・キューブみたい。

津野 私の大好きなルービック・キューブ!
佐藤 早いよね。しかも変なところ負けず嫌いで。
津野 The SALOVERSのボーカル(古舘佑太郎)に負けて、負けるぐらいならやめるって(笑)。

──(笑)そんなイメージが沸くほど面白い演奏なのは、みんなが津野さんが作る曲を理解してるからかなと思いますけど。

津野 「ひつじ屋さん」は「風が知ってる」より、演奏するにあたってみんなが得意な分野の曲で。それがほかのバンドと逆だと思うんですけど、変な曲ばかりやりすぎて、普通のリズムやメロディが苦手っていうバンドになってしまったので(笑)、すごくナチュラルに出来ましたね。歌詞もメロディも一切の迷いなく最後まで出来ました。私これ、めちゃめちゃポップだと思うんですけど。変ななかにもポップさがないと。このバンド変態だよねって喜んでる人はそのポップな上での変態を言ってますから。それはすごく難しいところで。私たちはその範囲内でやってきたつもりなんですけど、これはちょっと、”お前ら変態好きだって言うけど、これだよ変態は”っていう曲になってると思います(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人