オワリカラ ALBUM「サイハテ・ソングス」ディスクレビュー

サイハテ・ソングス

ALBUM

オワリカラ

サイハテ・ソングス

SPACE SHOWER MUSIC

2014.02.26 release

<CD>


此処ではない何処かへ誘う新作『サイハテ・ソングス』

 パンク、メロコア、ニューウェイブ、サイケデリック、オルタナティブ、グランジ、ブリットポップといったロックの幅広いテイストを貪欲に飲み込みながら、混沌とポップの境目を切り裂く——個人的にはそんな印象を持ちながら聴いていたオワリカラだが、前作『Q&A』以来、約1年9ヵ月ぶりに届けられたニュー・アルバム『サイハテ・ソングス』によって彼らは、ロック・バンドとして驚くべきビルドアップを遂げた。音がマッチョになったとかヘビーになったというわけではない。そうではなくて、音楽そのものによってオーディエンスを“此処ではない何処か”へ導くパワーが明らかに増しているのだ。

 ジム・モリソンの“Break On Through(To The Other Side)”というラインを引用するまでもなく、ロックの大きな魅力のひとつは“知らない場所へ連れていかれる”という感覚。煌びやかなサイケデリアとでも形容すべきメロディ、濃密なグルーヴを放ちまくるバンド・アンサンブル(単純な4つ打ちに依存していないところが素晴らしい!)、そして、ストレートなメッセージ性を含んだリリックによってオワリカラは、現実を突き抜け、まだ見ぬ境地へとリスナーを誘う力をしっかりと手にしたのだと思う。“ここはちがう”という違和感をはっきりと表明しつつ、ロールシャッハ・テストのように自由な想像を巡らせ、すべての檻を打ち破るべく踊りまくり、“サイハテまでこの歌を届けたい”と高らかに叫びながら、最後に“現実のギリギリちょっと上/お前の居場所を作るんだ”(「L」)とオーディエンスに呼びかける。

 現実逃避としての遊具ではなく、現実と拮抗し、自分だけの価値観をしっかりと確立するための武器。ロックって本来、そういうものだよな……みたいなことまで考えてしまう、きわめてオーセンティックなロック・アルバムだと思う。ちなみに個人的にもっともグッときたのは「黒歴史にOK!」。痛い過去を積み重ねまくる人生も悪くない。

(森 朋之)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人