plenty – 新作EP「これから/先生のススメ/good bye」について、そして、plentyの“これから”について。フロントマンの江沼郁弥が語る。

plenty

目覚ましいばかりの音楽的な進化と深化を刻みつけ、まごうことなき傑作となった2ndフル・アルバム『this』。江沼郁弥自身の手で過去の楽曲を再構築し、ストリングス・アレンジなど音楽家としての豊潤な発露を見せた『r e ( construction )』。記念碑的な2作品を経てリリースされるニューEP「これから/先生のススメ/good bye」に込められた決意とは。バンドの行く末も含めて、江沼にじっくり話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

 

ホントの意味でバンドになりたい

──今年もよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

──江沼くんの2014年の抱負はなんですか?

今年の抱負ですか? バンドになる、かな。

──メンバーはずっと探してるんだよね。2人体制になってからも目覚ましい音楽的な成長を遂げているんだけど、バンドとしてはどこか不完全なまま進んでる感じがあるの?

うん、バンドとしてはそうですね。『r e ( construction )』で過去の自分が作った曲と向き合って、“ああ、この頃ってもっとめんどくさかったな”って思ったんですよね。今は家で、ひとりで曲を作っているんですけど、3人のときはスタジオに入ってみんなでああでもない、こうでもないってやっていて。それがよかったというより、それをまたしたいなって思ってるんです。すごくめんどくさかったんだけど、技術云々ではなく、メンバーと1曲にじっくり向き合って長い時間を割いたほうが作品に念がこもるんじゃないかなって。

──今も純度の高い制作をやれてるんだけど、バンド的かと言ったらそうじゃないっていう。

そうなんですよね。レコーディングのときはサカナクションの江島(啓一)さんが叩いてくれてるんですけど、技術的にすごく上手だからサクッといけるんですよね。

──それはそれで気持ちいいんだけどね。

そう、気持ちいいし、学ぶこともいっぱいあって。今の環境はすごく恵まれていると思います。でも、plentyというバンドで考えたときにやっぱり正式なドラマーがほしいし、もっとやれるんじゃないかと思ってるんです。ドラマーがいない期間が長くなっていくとマズいなと思うし、ちょっと変な独り立ち感が出たらヤだなって。

──江沼くんのソロ・ユニットみたいになるのはもったいないよね。

実際、今はそう見えている節もあると思うんです。自分がいくらバンドなんだけどなって思っても、ふたりだとどうしてもそう見えるところはあると思う。考えすぎなのかもしれないけど、僕らのことを応援してくれるファンの人も応援の仕方がわからないんじゃないかなって。

──いや、でも言いたいことはわかる。バンドとしてのあり方が見えにくくなるのはよくないよね。

うん。だから、今年はまたホントの意味でバンドになりたいなって。

──近年の熟成された音楽性をもって、バンド然とした制作をやったらどうなるのかも興味深い。

僕もそれが楽しみなんですよね。どうせまためんどくさいことになると思うんだけど(苦笑)、それがいいんじゃないかなって。

──『this』という豊かな傑作アルバムを作れたからこそ余計にそう思うんだろうなって。

うん、そうなんですよ。あのアルバムは、曲もアレンジも前に進めた実感があるので。ただ、また話が戻っちゃうんだけど、その成長や進化がバンドとしてのものには見えにくかったんだろうなって。あのアルバムに対して、難しいという意見を聞くことがあったんですね。

──それはサウンド面を指してるのかな?

僕もその意味がわからなくて。そこから何が難しかったのかを考えたんですけど、作品の見せ方、聴かせ方なのかなって思ったんです。もっとバンドの成長の成果としてあのアルバムを捉えてもらえたらそんなに難しいとは思われなかったんじゃないかなって。

今は音楽をやる理由もバンドをやる理由も曲を作る理由もある

──なるほど。ただ、『this』ですべては歌のために刺激的で過不足のないサウンドをクリエイトするというplentyの指針が明確になったじゃないですか。だからこそ『r e ( construction )』も作れたし。

そうそう、いちばん大事なのは歌なんだってすごく思ったから。アレンジやサウンドって歌の周辺にあるものなんだけど、『this』はその周辺にすごくこだわったアルバムで。だから余計に歌の大切さも明確になったし、『r e ( construction )』でそれを反映できたんですよね。

──そうですね。でも、正直、『this』も江沼くんのソング・ライティング能力自体も過小評価されてるとは思う。

ああ、どうしたらいいんですかね?

──江沼くんが言ったように、見せ方、聴かせ方ってすごく大事だと思う。特にこの時代のバンド・シーンにおいては。

plentyってほふく前進バンドなんですよ。少しずつ成長して、お客さんを増やしていくっていう。倍には増えないんですよね。それはそれで気に入ってるんですけど。流行ってないというところが。

──そう思うのは消費されるのが怖いから?

う〜ん、流行ったらヤバいというのが常にどこかにあって。バンドの寿命を勝手に決められちゃうような気がするんですよね。これからもっとよくなっていく自信があるのに、流行るとそこがマックスに見られちゃうんじゃないかなって。露出して、見飽きられちゃうと。バンドって、人に惚れないですか?

──間違いない。ロック・バンドにおいては、それがすべてといっても過言ではないと思う。

ですよね。バンドのストーリーがあって、そのメンバー一人ひとりに惚れていくというか。だからライブで泣けると思うんですよね。でも、露出していくとそのキャラクターが消費されちゃうんじゃないかという不安があって。“ああ、こういう人ね”って一部分だけフィーチャーされて、勝手に飽きられるみたいな。それが怖いんだと思う。

──ただ、リスナーの分母が増えるとそれだけ理解者も増えていく可能性があるわけで。もし江沼くんがそういう場所に立っても絶対に音楽の純度は下がらないし、浮き足立つことはないと思うんだけど。

自分でもそう思うんですけどね。外側にどう見られるかという怖さはあるんですよね。流行に乗っていくバンドもいて、それはそれで間違ってないと思うんですけど、自分たちがそうなってないのはちょっと気に入ってる。でも、その反面“もっと、もっと”とも思う自分もいて。まあ、変に焦らずに、気負うことなくやっていきたいです。

──『r e ( construction )』で過去曲をリアレンジして強く実感したと思うけど、自分の音楽に対する距離感はいい変化をしていると思うでしょう?

そうですね。だから、過去の自分と向き合うのが楽しくもあり、戦うハメにもなりましたね。“なんでこの歌詞なんだよ!?”って思うとか。

──あはははは。

「理由」という曲なんかは、高校3年の文化祭でバンドを組んだときに作ったもので。基本的にコピーをやったんですけど、1曲くらいオリジナル曲があってもいいんじゃないかと思って、僕が勝手に作った曲なんです。結局、文化祭ではやらなかったんですけど。当時は自分で曲を作る理由なんてなかったから、それがそのまま歌詞になって(笑)。でも、今は音楽をやる理由もバンドをやる理由も曲を作る理由もあるからどうしよう、みたいな。

──理由がない歌をある状態でリアレンジして、歌うという。

そう。でも、それでいいんだと思って。別にあの頃の状態に戻って歌うんじゃなくて、今の自分で“理由があるんだ!”って思いを込めて歌えばいいんだって。

──そう言える人の表現は枯渇しないと思う。

枯渇するときもくるんだろうけど、枯渇したらしたで“枯渇した!”って曲を作ればいいやと思って。

──うん(笑)。

“俺は枯渇した! 何もない!”みたいな。でも、そもそも初めて自分でちゃんと曲を作ろうと思って出来たのが「からっぽ」なんで。そういう意味では枯渇してるところから始まってるんですよ。だから、枯渇することにビビってもしょうがないし、不調な自分さえもネタにしようと思ってますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人