それでも世界が続くなら – 「どんなにつらく生きにくくとも自分に正直に生きる」ことを選んだ篠塚の思い。

それでも世界が続くなら

2013年9月に1stアルバム『僕は君に武器を渡したい』でメジャー・デビュー。社会と自分の間で生まれる違和感、そこから広がる疑問、葛藤、悩みなどをリアルに描いた楽曲によって、音楽ファンに大きな衝撃を与えた“それでも世界が続くなら”から、あらたな作品『明日は君に会いに行くから』(6曲入りミニ・アルバム)が届けられた。

“わかった顔して歌ってんじゃねーよ なあ/ただ本当は 怖いだけだろ“(「5分後のアンチテーゼ」)

“ひとり 誰といたってひとり”(「消えた星の行方」)

篠塚将行(vo、g)が生み出す歌詞とメロディ、そして、このインタビューのなかで語られている言葉をぜひ、正面から受け止めてほしい。どこにも嘘がない彼の表現はきっと、どうしようもない日常を生き続けるための糧になるはずだ。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

 

みんな真剣だし、たかが俺の音楽に本気で向かい合ってくれる

──メジャー・デビュー以降の日々はどうですか?

時間が足りないですね。今日もほかのメンバーはスタジオに入ってるんですけど……。

──忙しいのはいいことじゃないですか。

器用じゃないから時間がかかってる部分もあると思うんですよ。例えば制作にしても、全員が納得できるように進めてるんです。メンバーだけじゃなく、スタッフを含めて、全員が“いい”と思うことじゃないとダメだと思ってるので。そのぶん、どうしても時間がかかるんですよね。レコード会社の意見だけでも動かないし、メンバーだけの意見でも動かないっていう。

──それは篠塚さんが決めた方針なんですか?

話し合っているうちに自然とそうなりましたね。みんな良いヤツっていうか、誠実で真摯な人たちなんですよ。適当な人だったり、“おまえ、早く進めようとしてるだけだろ?”みたいな人だったら、その人の意見は聞かないです。でも、そうじゃないですからね。みんな真剣だし、たかが俺の音楽に本気で向かい合ってくれるし。ありがたいじゃないですか、それは。

──その人たちの気持ちにも応えたい、と。

いろんな意見はあるけど、それが重なってる部分も絶対にあるはずですからね。“だったら、それをやろうよ、人として”っていう。会社の言いなりになればもっと早いし、自分たちの意見を押し通せば話し合いもいらないじゃないですか。でも、俺は音楽よりも人が大事だから。目の前にいる人がイヤな気持ちになってるところで作った音楽なんて、俺はイヤだ。“このメンバーじゃないと出来ないものを作ろう”っていうのがバンドだと思うし、そのことを確かめようとしたアルバムなんですよね、今回は。

──以前のインタビューでも言ってましたよね。「誰の思いどおりにもならないから、バンドは面白いんだ」って。

自分が思ってる自分と、ほかの人から見た自分って違うじゃないですか。僕は自分の思っていることを曲にしてるだけですけど——それが良いかどうかはわからないけど、そうしたいので——“相手だけが気付いている自分”もいるわけですからね。“おまえ、自分でわかってないかもしれないけど、こういうクセがあるよ”“え、マジで? でも、そうかも”みたいな。それは誰でも同じだと思うけど。

──そうですね。自分の考えって、どこまでいっても主観でしかないし。

ウチのマネージャーにも言われますからね。インタビューのあと、「篠くん、さっきの人(インタビュアー)あんまり好きじゃないでしょ?」「え、どうしてわかるの?」とか。

──(笑)態度に出てるんじゃないですか?

自分はそんなつもりはないんですけど、どうやら態度に出てるみたいなんですよね。せっかく来ていただいてるんだから、一生懸命話そうと思ってるんですけど……。だから、人によって印象が全然違うみたいなんですよ。僕のことを“全然喋らない人だ”って思ってる人もいるし、“一生懸命、ずっと話してる人だな”って思ってる人もいて。

──“それでも世界が続くなら”の音楽も、聴く人によってまったく印象が違うでしょうからね。

そうですね。取材を受けさせてもらっても、“あ、そういうふうに受け取ったんだ。でも、そういう考え方もあるよな”って思うこともあったし。もちろん、それは聴いてくれた人が決めることなんですけどね。カスみたいだと思えばそうなんだろうし、大事だと思ってくれる人もいるだろうし。価値観は人によって違うし、押しつけるものじゃないですからね。自分たちとしては、“これだったら、聴いてもらえるかな”とか“余計なことを考えないで、“ちゃんとバンドをやれているだろうか?”ということだけを考えてるので。

自分は音楽で人生が狂った人間だし、助けてもらったこともある

──今回の『明日は君に会いに行くから』は、前作以上に生々しい印象を受けました。

あ〜。でも、そうだと思います。そんなふうに言ってもらえるのは、まず“ありがとうございます”ですね。

──今回のアルバムって、新しい曲が多いんですか?

うん、新しいものばっかりですね。1stアルバム(『僕は君に武器を渡したい』)のときって、その時点でいちばん良いと思う曲を全部突っ込んだんですよ。“これは取っておこう”みたいなことは一切してないし、“このあと、新しい曲が作れなかったら、そこで終わり”っていう気持ちだったので。だから、(今回のミニ・アルバムは)自然と新しいものになったし、変化もしてると思います。“今までの自分たちをブッ壊そう”とも思ってたし……。そうじゃないと、不誠実な感じがしてたんですよ、なぜか。最初はシングルを出すつもりで制作してたんですけどね。こんなに出来るとは思ってなかったから。

──曲作りに関しては順調だったってこと?

うーん……。1stアルバムをリリースした頃って、いちばん混乱してたんです。ひとりでずっと考えてたんですよ。“とにかく誠実にやろう”から始まって、音楽って何だろう? 歌うってどういうことなんだろう? って。普段から考えてることではあるんですけど、そのときはさらに深く考えてしまって——今までは、嫌なことを忘れないために曲を書いていたところもあったんですよね。例えば、友だちの女の子がレイプされて、警察に行ったけど、いろいろ言われてなかったことにさせられたりとか。あと、自殺した友だちのことだったり。そういう嫌な出来事を“俺は絶対に忘れないからな”という気持ちで歌ったりしてたんだけど、今回はそういう感じじゃなかったんです。なんて言うか、どんなに苦しいことがあっても、日常はやってくるんですよ。つらいとか苦しいとか、忘れてしまうとか忘れられないとか、そんなことには関係なく……。

──日々は続いていく。

そうなんですよね。日常は流れるように存在していて——「消えた星の行方」は、それがそのままタイトルになったんですけどね。僕らは流れ星を見て願いごとをするけど、流れ星にも“その後”があるわけじゃないですか。例えば恋愛のドラマもそうですよね。最終回で“ふたりは結婚して、幸せになりました”ということになっても、その後は普通の生活が待ってるっていう。それが現実だと思うんですよ。僕もそうですからね。料理したり掃除したり、そういう普通の生活を送っているわけで、そのなかで“歌うって、何だっけ?”みたいなことを考えて——結局、わからなくなっちゃったんですよ。わからなくなったから、とにかく目の前にあることを片っ端から歌にしてみようと思ったんです。さっき“生々しい”って言ってくれたのは、たぶん、そういうことなんでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人