WHITE ASH – バンドの本質を浮き彫りにし、現時点での理想型として鳴らせたと言える、2ndフル・アルバム『Ciao, Fake Kings』について、のび太が語る。

WHITE ASH

WHITE ASHのメジャー移籍後初となるニュー・アルバムに冠されたタイトルは『Ciao, Fake Kings』。のび太が直感で今回のアルバムの頭文字は“C”だなと思った→Ciao→挨拶の言葉→Hello→ニルヴァーナ「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の“Hello,hello,hello,how low?”というサビのフレーズ→“チャオ チャオ チャウオー”→チャウ王→王様じゃない→偽物の王様→Fake King→『Ciao,Fake Kings』という、連想ゲームの果てに辿り着いた、なんとも挑発的なタイトルだが、結果的にこの表題にこそ、のび太がWHITE ASHというロック・バンドで成し遂げようと思っていることのすべてが凝縮されている。そして、本作は以下の、のび太の言葉が大言壮語ではないことを証明するロック・アルバムである。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

 

今、WHITE ASHがカッコいいと思うロックをすべて出した充実感がある

──あらゆる面で痛快なロック・アルバムだなと。ロックのダイナミズムをシンプルに突き詰めながらキャッチーに昇華する音楽性を核に、その裏側と外側はウイットに富んだ戦略性が遊び心で補強されていて。WHITE ASHのファイティング・ポーズが遺憾なく示されている。

ありがとうございます。手ごたえはすごくあって。まず、曲を作るときにシンプルかつカッコいいということ、それを一曲ずつていねいに、とことん追求して。今、WHITE ASHがカッコいいと思うロックをすべて出した充実感がありますね。シングルもアルバムも毎回、最新作が最高傑作というハードルを自分たちに設けていて、そこが今回、シングルを収録せずに全部新曲で構成したというところにも繋がってくるんですけど。シングルが小さいサイズの絵だとしたら、アルバムという大きなサイズの絵の中に小さい絵を入れたら、違うモチーフが入ってきてしまうから。僕はシングルもアルバムもひとつの独立した絵として完結させたいという想いが強いので。そういう姿勢を貫くことで、WHITE ASHというバンドの姿勢と存在が浮き彫りになると思ったし。曲の内容的にも、今の邦楽ロック・シーンを意識したうえで、あえてそこに乗っからない。でも、リスナーを置いてけぼりにはせずに、自分たちのやりたいことを貫くことを意識して。

──グルーヴの重さであり、4つ打ちの解釈であったり。

そう! そこに関して僕が思うのは、もっと音楽を自由に楽しんでもらいたいということで。だからこそ、僕らが今回のアルバムで強く意識したのはどれだけテンポを落としてもノレる曲を作れるかということだったんです。

──その意識は明確に感じた。

それこそ今年、世の中にバキバキのEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が溢れている中で、EDMの元祖とも言えるダフト・パンクが『ランダム・アクセス・メモリーズ』という、あんなに人肌を感じられるソウル・ミュージックを打ち出して。そのカウンター感はホントにカッコいいと思ったし。

──素晴らしい時代批評であり自己批評でもありましたよね。

うん。だから、2曲目の「Number Ninety Nine」では、僕らは4つ打ちをやれないからやらないんじゃなくて、ちゃんとやれることを提示したうえで、こういうことをやりたいんですという姿勢を示して。あと、10曲目の「(Y)our Song」は、ライブでも楽しめる曲も用意して。あと、僕は世代を越えて楽しめることが音楽の良さだと思っているので、僕の親世代が聴いてもグッとくるような仕掛けを用意したり。

──6曲目「Bacardi Avenue」のサンタナみたいなギター・ソロしかり。

そうそう! さらに、11曲目の「Xmas Present For My Sweetheart」という予想外のクリスマス・ソングで終わることで、“このアルバムの次はどうするんだろう?”という次への期待感を残せたらなと思っていて。ロックやポップという概念、世代、すべてを引っ括めて“これがWHITE ASHです”と提示できるアルバムを作りたかったし、そういうものが出来たと思います。

僕は自分にいちばん期待してる。誰よりもWHITE ASHのファンだから

──すべてはのび太氏が自分のソング・ライティングとアイデアに絶対的な自信がなければできないことですよね。

そうですね。僕は曲を書いたらすぐ出したいんですよ。だからなるべくストックは持ちたくなくて。曲の鮮度を大事にしたいから。曲が書けない心配はしたことないし。新しい武器を手に入れるときに、両手にものを持っていると新しいものを掴めない感覚があって。まずはそのとき手に持っているものを出して、自由になったところで、次もっといい曲を書こう、面白いことをしようという発想ですね。だから、僕は自分にいちばん期待してるんですよね。僕自身が誰よりもWHITE ASHのファンだから。“WHITE ASHは次に何をしてくれるんだろう?”という期待を誰よりも持ってるし、WHITE ASHのこういう曲を聴きたい、こういう作品を聴きたいという欲求を自分で具現化する感じですね。

──大学時代にアークティック・モンキーズのコピー・バンドを経て、初めて自分で曲を書くようになるまで、自分がこういうソング・ライターでありバンドマンになるとは思ってなかったでしょう。

思ってなかった。だから、僕は音楽を始めるのが遅かったからこそ今の事務所に出会えたと思ってるし、コンテスト(“RO69 JACK 2010”)にも優勝できたと思っていて。そのときに“あ、自分は持ってるんだな”ってわかったんですよね。音楽を好きなようにやっても天が味方してくれるんだって。僕って、このキャラクターとかも含めて、仮に中学生のときからバンドを始めてたらそこまで芽が出なかったと思うんですよ。でも、大学からバンドを始めて、自分で曲を書くようになってから、一度も“もうダメかも”って思ったことがないんですよね。WHITE ASHというバンドをどうしたいかというビジョンもどんどん明確になっていったし。

──さっきのテンポの話や4つ打ち云々の話にも繋がってくると思うけど、刺激的なカウンターとなってロックの王道を体現しようと思ったし、メジャー移籍後1発目となるこのアルバムで王座を奪取してやろうと企んでるっていう。

そうですね。それこそ今のBPMが速くなっているシーンって、行き着く先はさらにテンポを速くしていかないと満足できなくなる状態になると思うんですよ。どんどん過激になって、やがて飽和していくんだろうなという危惧があって。そういう先の見えないところにわざわざ乗っかる必要はないというか。だったらシンプルかつカッコいいというWHITE ASHの信念を貫いたほうが時代に左右されない存在になれると思うんですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人