ドレスコーズ – 12月7日にSHIBUYA-AXにて行われた“More Pricks Than Kicks TOUR”のファイナル公演をレポート。私たちはあの日確かに、“ホンモノのロック”を観たーー。

ドレスコーズ

 間近で神話を目撃しているかのような圧倒的にスリリングな存在感。サウンドの切り口は、まぎれもなく21世紀のギター・バンドであるにも関わらず、ドレスコーズの佇まいには、ロック・クラシックスの時代から時を越えてきたような“何か”がある。
活動開始からわずか2年弱で破天荒な成長を遂げた彼らが、11月に2ndアルバム『バンド・デシネ』をリリースし、全国9ヵ所で展開した“More Pricks Than Kicks TOUR”のファイナル公演SHIBUYA-AXのステージの模様をレポートする。

TEXT BY 志田 歩/PHOTOGRAPHY BY 松本時代

 

青春時代が終わったあとに黄金時代がやってくる

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「オール・トゥモロウズ・パーティーズ」が響く中、ステージに登場したメンバーが無言のうちにギターを奏で始める。逆光で浮かぶシルエットに見覚えがなく、最初は戸惑ったが、スポットが当たると、髪をばっさりと切り、サングラスをかけた丸山康太だとわかった。ステージ上を動き回る彼が、奔放にギターをかき鳴らしてから、おもむろに曲が始まる。
「どろぼう」「ゴッホ」「Lolita」と立て続けに披露したところで、最初にMCをとったのはベースの山中治雄。その間にフロントの志磨遼平がギターを手にして「Zombie」が始まり、抑制したビートに乗せた志磨のギターが、スタジオ盤とは異なる色彩感を打ち出していく。続く「SUPER ENFANT TERRIBLE」では、ドラムスの菅大智と山中が、目まぐるしくグルーヴの切り替わる演奏の中で、コーラスもばっちり決め、「リリー・アン」へと繋げていく。

131212_live_thedresscodes2

ここで志磨がようやくMCをとり、今度はアコースティック・ギターを手にして穏やかな響きの「フォークソングライン(ピーターパンと敗残兵)」と「Silli Silly Song, Million Lights」へ。「フォークソング〜」の間奏では隠し持っていたハーモニカも聴かせるが、直前まで観客にはそんな展開を予感させないほどの素早さで、こうした仕草の一つひとつから、ショーマンシップが感じられる。

以後は一転して、ハードな演奏で「シネマ・シネマ・シネマ」「ベルエポックマン」「We are」と連発。バンドの曲調がどんどん広がっているからこそのメリハリのある曲順だ。

さらに続けてMCで志磨が「青春時代が終わったあとに黄金時代がやってくる」と語る心境を託した「ハーベスト」、さらに体の動きだけでも観客の目を釘付けにしてしまう菅のダイナミックなドラム・ソロで曲を締めくくった「Teddy Boy」へ。

131212_live_thedresscodes3

持てる限りのエネルギーを一瞬のうちに燃焼させようとのたうち回る壮絶なドキュメント

ライティング以外、ほとんど演出も仕掛けもない。ストイックと言ってもいいほどシンプルなステージだが、現在のドレスコーズの持っている曲調の多彩さで、緩急の起伏を付けつつ、4人のメンバーのキャラクターを、それぞれクローズアップ。実に見事に研ぎ澄まされた選曲、曲順、そして演奏である。

だがドレスコーズの本領は、巧みに構築したそつのないステージングにあるわけではない。この日のハイライトはこのあと、本編ラストを締める「(This Is Not A)Sad Song」からの三連発だった。

特に以前のライブでもとてつもないテンションを放っていた「トートロジー」では、裸足になった志磨がボーカルにもアクションにも全身の力を振り絞っているのが、傍目にもわかる。さらに彼はステージ前に詰めかけた観客の中へと体を投げ出していく。

そこにあったのは、堅実なエンターテインメントなどではない。リハーサルを重ねて周到に準備をし、それでもあらかじめ描いていた青写真を越えるものでなければ、何の価値もないとばかりに、バンドが一体になって余裕などかなぐり捨て、持てる限りのエネルギーを一瞬のうちに燃焼させようとのたうち回る壮絶なドキュメントだった。ひとつ間違えば、どんな悲惨なアクシデントが起きてもおかしくないような不穏な気配に、ステージ回りのスタッフも、ケーブルへの配慮などで必死に動き回っている。

そうした混沌と熱狂が渦巻く中、志磨が客席の中で観客と共に手を振り上げたときの光景は、この瞬間を永遠と刺し違えることで産み落とされた神話そのもの! まさに“不確かなものを信じなきゃヒーローにはなれない”という歌詞を、そのまま体言し、ロックの美学という不確かなものにすべてを託したパフォーマンスである。

131212_live_thedresscodes5

自らの肉体と精神を生贄としてステージに捧げた

今はロック・バンドがどんな演奏を繰り広げようとも、パッケージ商品の販売とネットの配信で、あっという間にアーカイブという名の既成事実にされてしまう。演奏する立ち場にしてみれば、ある意味で不幸な時代だ。しかしこの日のステージは、仮に映像がパッケージ化されることがあるとしても、それは単なる記録に過ぎず、このライブの体感そのものがアーカイブに封じ込められることなどあり得ない。自らの肉体と精神を生贄としてステージに捧げた彼らは、そんな確信を噛み締めていたに違いない。

音楽へ向かうこうした覚悟を歌ったアルバムのタイトル曲「バンド・デシネ」で本編を終え、アンコールはニヒルなビートにのせて延々とインプロビゼーションを展開する「Automatic Punk」、そしてドレスコーズが最初にリリースしたシングル「Trash」で締めくくり。

振り返ってみれば、ドレスコーズは昨年に活動を開始したばかり。その成長ぶりは順調というよりも、破天荒というほうが相応しい。次回にはいったいどうなるか予想もつかない。そのスリリングな存在感こそ、彼らの本質なのだ。

131212_live_thedresscodes1

131212_live_thedresscodes7

131212_live_thedresscodes6

131212_live_thedresscodes4

SETLIST

01. どろぼう
02. ゴッホ
03. Lolita
04. Zombie
05. SUPER ENFANT TERRIBLE
06. リリー・アン
07. フォークソングライン(ピーターパンと敗残兵)
08. Silly Song, Million Lights
09. シネマ・シネマ・シネマ
10. ベルエポックマン
11. We are
12. ハーベスト
13. Teddy Boy
14. (This Is Not A)Sad Song
15. トートロジー
16. バンド・デシネ
<ENCORE>
EN1. Automatic Punk
EN2. Trash

PROFILE

志磨遼平(vo)、丸山康太(g)、管大智(ds)、山中治雄(b)。’12年1月1日に行われたイベントにて、志磨、丸山、管の3人で初めてステージに立つ。翌月に山中が加入し、4月1日にバンド始動を正式発表。7月に1stシングル「Trash」、12月に1stフル・アルバム『the dresscodes』、そして今年8月には2ndシングル「トートロジー」、11月には2ndフル・アルバム『バンド・デシネ』をリリースしている。

LIVE INFORMATION

COUNTDOWN JAPAN 13/14
2013年12月28日(土)・29日(日)・30日(月)・31日(火)幕張メッセ国際展示場1〜8ホール、イベントホール
※ドレスコーズの出演は30日(月)

LIVE DI:GA JUDGEMENT2013
2013年12月30日(月)・31日(火)渋谷CLUB QUATTRO、TAKE OFF 7、Shibuya O-WEST
※ドレスコーズの出演は31日(火)

Welcome![Champagne]LIVE
2014年1月13日(月・祝)川崎CLUB CITTA’
出演:[Champagne]
ゲスト・ボーカリスト:ホリエアツシ(ストレイテナー)/金井政人(BIGMAMA)/斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)/志磨遼平(ドレスコーズ)
※志磨遼平のみの単独出演

EX THEATER OPENING SERIES 2014 NEW YEAR PREMIUM “GO LIVE VOL.1”
2014年1月26日(日)EX THEATER ROPPONGI
出演:ドレスコーズ/アルカラ/KEYTALK

BAYCAMP 201402
2014年2月1日(土)川崎CLUB CITTA’、A’TTIC

関連リンク

ドレスコーズ OFFICIAL WEBSITE

Twitter

YouTube

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人