RADWIMPS – 『絶体絶命』を経て届く新作『×と○と罪』について、メンバー4人がそれぞれの思いを語ったロング・インタビュー。

RADWIMPS

 2013年末に届いた、2013年を代表する大傑作である。RADWIMPSの7thアルバム『×と○と罪と』を前にして改めて痛感するのは、やはりこのバンドはとてつもなく音楽の力を信じているし、絶え間なく音楽のために生きて、音楽に生かされているということだ。このアルバムがたたえている生気は、ポピュラー・ミュージックの存在理由がリセットされた時代に、音楽の自由とロックの真価を示す。2011年3月9日にリリースされた『絶体絶命』はロック・バンドとしてひとつの極限を突き詰めたアルバムだった。『絶体絶命』のリリース直後に発生した東日本大震災、筆舌に尽くしがたい葛藤を決意に変え、全身全霊で臨んだツアー“絶体延命”を経て、4人のメンバーは結束力を強固なものにした。野田洋次郎が一新した歌のあり方を希求したデモをもとにメンバーそれぞれがプロトゥールス上で音と戯れ、またタフな肉体性に満ちたアンサンブルを体現し、各曲に瑞々しい命を吹き込んだ。その結果、約24曲もの楽曲をレコーディングし、厳選された全15曲が『×と○と罪と』を形成している。さあ、存分に体感してほしい。あらたな地平に立ったRADWIMPSを。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

 

奇跡のバランスで成り立ったアルバム

──様々な感慨を抱きながら聴かせてもらいました。洋次郎くんのソング・ライティングもバンド・サウンドもあらたな音楽の自由を示し、その結果、RADWIMPSのロック・ミュージックとしてまた比肩なきポピュラリティを獲得した最高傑作だと思います。まずは率直な手ごたえから聞かせてもらえますか。

野田洋次郎 手ごたえか……そうですね、自分自身でも素晴らしいアルバムが出来たと思うんだけど、まだ客観的に聴けてないところもあって。でも、奇跡のバランスで実験性と、俺が歌いたいことと、この4人でやるべきことを具現化できたという実感があります。なおかつ、ウチらはポップなフィールドで音楽をやっているから。そういうところにちゃんと届けられる、ホントに奇跡のバランスで成り立ったアルバムだと思うんですよね。

──その奇跡を呼び込んだ最大の要因はなんだと思いますか?

野田 ブレなかったからかな。『絶体絶命』はひとつのコンセプト・アルバムだった気がしていて。あのアルバムでRADWIMPSがRADWIMPSであることを突き詰めたし、ソング・ライターとしても俺が俺であることを突き詰めたし、プレイヤーとしてもそれぞれがあるべき姿を突き詰めたんですよね。まるで、防弾ガラスの中に鉄壁の理論とプレイヤビリティを詰め込んで、みんなが見えるところにもっていったから。この『×と○と罪と』というアルバムにある自由な無敵感というのは、『絶体絶命』を作って手に入れたものだと感じていて。

──自由な無敵感か。言い得て妙ですね。

野田 あれを作れたからウチらはここまで自由になれたなって。『絶体絶命』を繰り返すことはできないし、同じスタンスで同じアルバムは作れないから。『絶体絶命』のリリース直後に震災があって、そのあと“絶体延命”というツアーをやって。そこからこのアルバムを作り始めるまでに時間はかかったんですけど、“よしやろう”ってなってからは俺がやりたいことを最後まであきらめずに貫くことをメンバーに伝えたんです。“俺はとんでもないことや突拍子もないことを言うかもしれないけど、責任をもって舵を取るし、しっかり曲にするから”って。その結果、ときにちょっと乱暴なくらいバンドを引っ張ったところもあれば、遊び場のように自由にみんなでアレンジした曲もあって。

4人が一緒にいる場所は一緒に何かを生み出す場所にしよう

──最近のライブを観ていると、そしてこのアルバムを聴けばバンドがいい状態にあるのは明らかで。

野田 ホントにそうで。“絶体延命”というツアーにメンバーみんながすごく手ごたえを感じて。それからリハスタで細かいことをああだこうだするのはヤになっちゃったんで。“各々のスキルは各々で磨いていこう、4人が一緒にいる場所は一緒に何かを生み出す場所にしよう、それを踏まえたうえで俺は曲を作るから”って3人に伝えたんです。それも今回は大きかった。

──武田さんはどうですか?

武田祐介 今まさにジワジワときていて。毎日のようにアルバムを聴いてるんですけど、曲ごとに“ああ、このときはこうだったな、ここですげえ感動したな”とか一つひとつ制作時の思い出が蘇ってきて。感動に一歩ずつ近づいてる感じですね。先ほど言ってもらったように最高傑作だと思います。

──山口さんは?

山口智史 僕も1曲1曲が出来上がった手ごたえが強く印象に残っていて。レコーディング帰りで洋次郎と車で一緒に帰ったりしていたんですけど、車中で聴きながら「これはヤバいね!」ってずっと言っていて。今までのRADではできなかったことが形になっている実感がすごくあったんです。それが最高に気持ちいいっていう。曲ごとにあった手ごたえの連続が次のレコーディングへのモチベーションになっていったし。
野田 智史とのそういう時間は俺の中でもデカかったよ。新しいことをたくさんやった現場だったから、ときには俺ひとりが勝手に曲に向かって終わっちゃうときもあったりして。“これでいいんだよな”って思っていたけど、1曲ごとに形が見えて、智史と車で聴きながら「これヤバいね!」ってホントにキラキラした顔で言われると、それで俺も明日を迎えられたというか。
山口 よかった(笑)。

──最初にメンバーが喜んでくれるのが、洋次郎くんにとってもいちばんの喜びだし。

野田 そうそう。一緒に音楽を作ってるんだけど、ソングライターとしての俺にとって、3人は初めてのリスナーだったりもするので。最初のリスナーとしても、バンドとしても3人のいい反応があることはすごく大きかった。RADWIMPSとしてこれでいいんだって思えたし。

──桑原さんは?

桑原彰 僕も1曲1曲にすべてを込める感じで制作できたことが印象深くて。自分的にも新しい挑戦をしつつ、今まで培ったものもいいバランスで出せたなって思います。2、3曲ずつ洋次郎からデモをもらったり、その場でみんなと作ったり、いろんなパターンがあったんですけど。スケジュール的にカツカツ詰まっていたのではなく、途中でライブもあったので、次のレコーディングでライブ感のある曲が出来たり。すごく充実した制作期間でした。
野田 ミックス作業に入ってるのに、またあらたなアレンジが加わっていくみたいな曲がすげえ多くて。それでエンジニアさんにはかなり迷惑をかけたんですけど。エンジニアさんの自宅でミックスの確認をするんだけど、そこにどんどんギターとかシンセが足されていったり。
武田 ミックス作業の場には僕ら3人はいなかったんですけど、“今日の作業内容です”って送られてくる音源を聴いたら“うわっ、さらにすごくなってる!”みたいな(笑)。“ミックス作業って言ってたのにアレンジが変わってるじゃん!”っていうことが何度かありましたね。

──でも、音を足したいと思ってしまったら、その欲求は止められなかったんでしょうね。

野田 そうなの! やるしかないの。そういうマインドで始まったこのアルバムの制作だったから。パッと思いついて入れた音がかなり採用されたりしてるし。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人