きのこ帝国 EP「ロンググッドバイ」ディスクレビュー

ロンググッドバイ

EP

きのこ帝国

ロンググッドバイ

DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT

2013.12.04 release

<CD>


刹那の先にある快楽

“若者の刹那をテーマに描かれた珠玉の5曲”という情報とともに聴き始めた。確かにこのコトバは本作の内容をいい当てているのかもしれない。そして思ったのは、刹那とは気持ちいいものだということである。

1曲目の「ロンググッドバイ」の、いっけん煌びやかなコーラスに包まれたポップな世界観。ただ幕切れはあっけなく、この作品の魅力は音が鳴っている間ではなく、演奏が鳴り止んだあとの余韻にこそあるのではと思った。煌びやかさはつまり、残像を深くするためのもの、というか。2曲目の「海と花束」になると、ボーカルがぐっと前に出てくる印象だけど、この歌が伝えたいのは(あくまで歌詞の部分だが)伝えたいことなどないということなのだった。これは、伝えたいことなどないのに伝えてるフリをするよりもよほど心地良い行為だろう。

3曲目の「パラノイドパレード」は、夏の情景を描いているが、後半に行くに従って蜃気楼の世界に飲み込まれていくかのようなアンサンブルがダイナミックだ。頭上から溢れ落ちる多量の瀑布を潜るかのように4曲目の「FLOWER GIRL」へと行き着くと、そこは先ほどとは違う、まるでタルコフスキーの映像のような時間軸の世界だ。この、3曲目から4曲目へとうつる瞬間のゾクゾクは、とても大きなものだ。ラストの短い「MAKEL」は、ある種の救済のイメージだろうか。

以上は作品評だが、バンド評としては、確かなリズム・セクションの演奏という縦軸と、アンビエントだったりノイズだったりする部分のギターの横軸とが、自由に織りなす音のタペストリーこそが魅力だろう。もちろん目の前で躍動する彼らの肉体に接しつつ受け止めれば別の感想にもなるのだろうけど。これはあくまでCD評である。繰り返しになるが、「パラノイドパレード」から「FLOWER GIRL」のあたりは本当に見事な音の名場面として深く印象に残った。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人