another sunnyday – 伊藤文暁、大山純、ナカヤマシンペイ、美登一からなるanother sunnydayが、今、ホンモノのロックを鳴らす!

another sunnyday

 今、もっともメジャー感/王道感を持ったバンドだと思う。
伊藤文暁(vo/元serial TV drama)、大山純(g/ストレイテナー)、ナカヤマシンペイ(ds/ストレイテナー)、美登一(b/THE RODS)によるanother sunnydayが3rdアルバム『YOLO』を完成させた。超キャッチ—なギター・リフを中心としたバンド・サウンド、そして、一瞬でリスナーの心を惹きつけるグッド・メロディ。バンドの特性を大きくスケールアップさせた本作によって“アナサニ”の存在は、さらに幅広いフィールドで浸透していくことになりそうだ。ロックの楽しさ、素晴らしさ、カッコ良さをわかりやすく体現した本作が、シーンに大きな風穴を開けることを切に願う。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

 

“カレー、ラーメン、ハンバーグ”みたいな音楽がいいなって(ナカヤマ)

──まさに理屈抜きで盛り上がれるロック・アルバムだな、と。これは相当、手ごたえあるんじゃないですか?

ナカヤマシンペイ うん、自信ありますね。(前作『My Freedom』以降)少しずつ曲を録りためてたっていうのもあるんですけど、まだライブでやってない曲も結構入っていて。制作するたびに言ってますからね、“まだ出るね”って。
伊藤文暁 そうですね。
ナカヤマ “これはいいな”って思える曲がどんどん出来るっていう。“あるもんだね”っていう感じですよ、ホントに。

──2ndアルバム『My Freedom』はアナサニのコンセプトをさらに明確にしたアルバムだったと思うんですね。“グッド・メロディ、グッド・サウンドのロックをわかりやすく体現する”っていう。

ナカヤマ でも、2ndで完成したとは微塵も思ってなくて。“another sunnydayとは?”だったり、“どんなバンドにしたいのか?”というのは今も模索してるし、そのためにはまだまだ弾が足りないなっていう感じもあって。
伊藤 バンドに足りないものも、ツアーを回っていくなかでなんとなくわかってきましたからね。それを補えるような曲——要はライブで盛り上がりやすい曲なんですけど——も意識しながら。

──このバンドに対するビジョンがさらにハッキリしてきたのかも。

ナカヤマ 伊藤ちゃんが入ってくる前から、なんとなくの方向性はあったんですよ。“気持ちいい音楽”っていうすごくザックリした感じだったんですけど、それがだんだん明確になっていって。

──“脳にストレスがかからない音楽”という表現をしてましたよね。

ナカヤマ 単純なところで言うと、グリーン・デイとかフー・ファイターズみたいに、ガーン!とやって“うわー、カッコいい!”っていうイメージですよね。小難しいことは一切なくて、カラオケで熱唱したくなるような。なんて言うか、ミュージシャンズ・ミュージックがすごく多くなってると思うんですよ。そうじゃなくて、“カレー、ラーメン、ハンバーグ”みたいな音楽がいいなって。

今までは、何もない地面にジョウロで水を撒いてるような状態だった(ナカヤマ)

──誰もが楽しめる音楽ですよね。

ナカヤマ そういうことって、ミュージシャンになったらやらなくなるんですよね。だからこそ、それをやりたいな、と。
伊藤 グッド・メロディ、わかりやすい歌詞がちゃんとあって、一聴しただけで口ずさめるような。そういうものってみんな好きだと思うし、それが音楽の本質なんじゃないかなって。
ナカヤマ うん。あと、入口というか、取っかかりだよね。これはもちろん悪いことではないんですけど、日本のロック・シーンってすごくレベルが高いと思うんですよね。10代の子たちもすごく耳が肥えてるし、それを踏まえて(音楽を)やるから、さらにブラッシュアップされていくというか。そうすると、音楽好きな人とそうじゃない人の隔たりがどんどん大きくなっていくし、取っ掛かりを探すのも難しくなるんですよね。

──確かに。アナサニが“取っかかり”になっている手ごたえもありますか?

ナカヤマ 今、やっと感じ始めたところですね。今までは、何もない地面にジョウロで水を撒いてるような状態だったと思うんです。それがようやく染み込んできて、“あ、芽が出てきてない?”っていう。ようやくレスポンスが出てきたというか、不毛の地じゃなったっていうのがわかった感じかな。
伊藤 そうですね。目に見えてお客さんのノリも変わってきたし、さっき言ってた“盛り上げるために作った曲”も思ったとおりの感じになってるので。このアルバムを出すことで、それはさらに強くなっていくんじゃないかなって気がしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人