Base Ball Bear – フロントマンであり作詞作曲を手がける小出祐介が苦悩の果てに生み出した今作。構想中のアルバムの話も含め、小出の本心に迫る。

Base Ball Bear

Base Ball Bearが両A面のニュー・シングル「ファンファーレがきこえる/senkou_hanabi」をリリースする。8月に開催された“閃光ライオット2013”の公式応援ソングである2曲目「senkou_hanabi」は、歌詞もメロディもサウンドも“これぞ!”と言わんばかりにベボベの王道ギター・ロックが凝縮された楽曲で、リリースを待ち望んでいたファンも少なくないだろう。一方、1曲目「ファンファーレがきこえる」は、小出祐介が“まだまだ確立すべき立ち位置と目指すべき場所がある”バンドを牽引するフロントマンとして、“時代と私小説が交差する物語を描く”ソング・ライターとして、“いま何を歌い、鳴らすべきか”を苦悩の果てに突き詰めた、背景的にも音楽的にもドラマチックなダイナミズムに満ちた1曲である。不安定な現実が、妄想や夢を凌駕し、ファンファーレを鳴らそうとする——その瞬間を響かせることが、この楽曲の命題であり、大サビの“現実化希望!”というフレーズが小出の渇望を浮き彫りにする。バンドは間もなく自他ともに認める最高傑作『新呼吸』以来となるニュー・アルバムの制作を本格的に始動するという。今回のインタビューは、小出の“ある大きな決意と覚悟”に迫るものとなった。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

 

頭の中で0が0.1でも0.2にでもならないと始まらない

──ブログ(「ボクブロ」はこちら)を読むとかなり曲作りに苦しんでたみたいで。それは、次のアルバムを見据えた生みの苦しみだと思うんだけど。

そう。苦しんでたのは、歌詞がどうこうよりも、もっと全体的なことで。紙にペンをつける前に悩んでたんですよね。僕はいつもそこまでが長いんですけど。岡村(靖幸)さんなんかは「どんどん書いちゃいなよ。よくなかったらリリースしなきゃいいだけなんだから」って言うんですけど、僕はそれができなくて。岡村さんは音楽猛獣だけど、僕は小市民なんで(笑)。

──手をつけて納得いかないものが生まれるのも許せないし、怖いみたいなことなのかな?

う〜ん、なんでしょうね? とにかく頭の中で0が0.1でも0.2にでもならないと始まらないんですよ。で、今回に関しては0が0.01になるまでにめちゃくちゃ時間がかかったんですよ。「ファンファーレがきこえる」は、まず“アニメ化希望!”というフレーズが先に出てきたんですけど。

──サビのメロディと一緒に?

そう。“アニメ化希望!”ってフレーズが強すぎて、自分の中で崩せなくて。このフレーズが生きるテーマで歌詞を書かなきゃいけないっていう、かなり難しい始まり方だったんですよね。

──そういう始まり方ってあんまりないんですか?

あんまないですね。タイトルも歌のテーマも決まってないのに“アニメ化希望!”だけあるという。

──そこにいかに必然性をもたせて、自分の今のテーマに則した歌詞を書けるか。

うん。つじつま合わせをするのはヤだし、ちゃんと合致させないといけないから。

──アルバムを導くものにもしなきゃいけないしね。

ですね。「ファンファーレ〜」の歌詞を書く前にたぶん次のアルバム・タイトルと全体の構成はこうだな、仕掛けはこうしようというのが見えたんですよ。

──それに関して今言えることはありますか?

ないです!(笑)。

──あはははは。でも、見えてるんだ。

見えたけど、アルバムに入れる曲は全然書けてないし、レコーディングも迫ってるからジリジリと追いつめられてますよ。自分の中でハードルをかなり上げてるし。

──ホントに前作『新呼吸』以降のハードルの上げ方は尋常じゃないよね。それだけのアルバムを作ったからなんだけど。

うん、尋常じゃない。だから、『新呼吸』を超えるアルバムのプランを考えるのにずっと時間がかかってたんですよね。だけど、今見えてる次のアルバムのプランであれば『新呼吸』を超えられるだろうと思っていて。

──その言葉を聞けて今日は十分です。

じゃあ、ありがとうございました。

──いや、嘘。まだ聞きたいことはいっぱいある。帰らないで。

わかりました(笑)。でも、ホントにそれくらいのプランは見えたから、あとはいかにそれだけのアルバムを構成する曲を揃えないといけないと。いかんせんやろうとしていることの志がかなり高いから。また紙にペンをつけるのに時間がかかっていて。ゴールは見えてるけど、スタート地点の景色が見えてない感じ。スタート地点が見えたらラスト・シーンが変わってくる可能性もあるし。実際『新呼吸』のときもそうだったから。

次のアルバムに対しての外伝的な気持ちで書いた

──話は前後するけど、「ファンファーレ〜」の前に閃光ライオットの公式ソングとして書き下ろした「senkou_hanabi」があって。この曲はこうやって両A面としてリリースされることは想定してなかったんですよね?

全然してなかったですね。でも、イベントのテーマ・ソングだけど、思いがけずいい曲が書けたという感触があって。「senkou_hanabi」を作ったあとにKONAMI(プロ野球ドリームナイン SUPERSTARS)のタイアップが決まって、それに合わせて、ホントはシングルのリリース予定はなかったんですけど、急遽両A面のシングルを作りましょうってなって。

──つまり、これは突発的に発生したシングルだった。

そう。もともとは日比谷野音のライブDVD(「日比谷ノンフィクションⅢ」/今作「ファンファーレがきこえる/senkou_hanabi」と同時リリース)のリリースだけで今年はアルバム制作の時間を稼ごうと思ってたんですけど(笑)、シングルのリリースが決まったから悩んで。「senkou_hanabi」に関しては、僕的には『新呼吸』以降のシングルの流れだったり、次のアルバムに対しての外伝的な気持ちで書いたんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人