People In The Box ALBUM「Weather Report」ディスクレビュー

Weather Report

ALBUM

People In The Box

Weather Report

CROWN STONES/CROWN RECORDS

2013.10.16 release

<CD>


構築美から溢れ出す、大声で叫んでいるような意思

約1年ぶりとなるニュー・アルバムは、全21曲をトータル70分余の1トラックに収めた異色作。全体を通して物語になっているようにも思えるし、曲を飛ばさずに一枚まるごと聴いてほしいという意思にも受け取れる。そう、何だか今作は意思に満ちて聴こえてくるのだ。表現したいことを練りに練った結果なのであろう、読み解くほどに興味深い歌詞や、噛み砕くほどに発見がある曲が生まれているという事実は、今までと変わらないのだが、聴き手に伝わる速度は増していると思う。

 民族音楽のにおいや、不穏と平安を描くメロディ、曲がはじまるまでの効果音など、まるで旅をしているような気持ちにさせられる音色の数々。“パーティーは続いている/終わりそうに見せかけているが/ケチャップで引いた国境に/ピザはほぼ型崩れ”(「皿(ハッピーファミリー)」)、“いつも一等賞/死者は一等賞/花をくわえさせられ話せない/隠されたことが隠されている/人間を知り抜いた よくできたルールだ”(「投擲」)など、絶妙に言い抜いた言葉の数々。さらに波多野裕文の歌声も、楽曲によって無色透明のように朴訥だったり、エフェクトも使って激しく変化したり、役者のように鮮やかに立ち回っている。そんな今作でテーマになっていることはというと、最後に「開拓地」も“おなかが空いたら/食事にしようよ”という一節で締めくくられているが、“生きるということ”なのではないだろうか。楽曲のみならず、ライブもホールで行ったり、既存のロック・バンドのイメージから羽ばたくような表現へ、彼らがここまで貪欲に向かう理由は、かねてからの志の高さはもちろん、世情が大きく反映されているような気がしてならない。繊細なバンドが辿りついた、最大限の意思表明がここに。

(高橋美穂)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人