BIGMAMA – “寄り添って”という意味を掲げたニュー・シングル「alongside」が到着。フロントマン・金井政人、BIGMAMAの“未来”を語る。

BIGMAMA

BIGMAMAがニュー・シングル「alongside」をリリースした。新曲は、これまでバンドが描いてきた音楽やドラマの本質を射抜くようなナンバー。5枚のアルバムを経て独自の成長を果たしてきたバンドにとっての“テーマ曲”とも言える一曲になっている。カップリングには初期の楽曲「look at me」の再録を収録、1st〜3rdアルバムの廉価版も同時リリース、過去曲披露のライブも決定。改めて自分たちのヒストリーと向き合うタイミングになっているようだ。だからこそ、今回のインタビューはバンドを率いる金井政人(vo、g)に、BIGMAMAの“未来”について、話を聞いた。バンドの今から、その先に見据えるものまで、掘り下げて対話することができたと思う。

INTERVIEW & TEXT BY 柴那典

アルバムを5枚リリースして、バンドが完成した

──新曲「alongside」は、どういうことを考えて作っていったんでしょうか。

まず、これまでにアルバムを5枚リリースして、バンドが完成したと思っているんです。というのは、自分がしたいライブができるようになってきた。これまでの5枚のアルバムから好きな曲を並べたり、好きな場面を並べたり、そういうふうにしてやりたいライブができるようになってきた。

──それは観ててもすごく思いました。特にここ2年、『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』と『君想う、故に我在り』というアルバムを経て、バンドの表現している幅やスケールがデカくなってる気がしていて。

でも、“バンドが完成した”って、それが解散する理由のひとつでもあるじゃないですか。

──やり切ったっていうこと?

そう。そういう意味で完成を自覚したときに、それとどう向き合っていくかを考えたんです。人によっては止まる理由になるものを、動かす理由にしていかないといけない。自分のやりたいものはできるようになってきたけど、自分が求めるものと求められるもののギャップはまだ埋まってないし。単純にバンドが完成したっていうことを、後ろ向きに捉えるんじゃなくて前に向けていくように、自分なりに発信していかなきゃなと思って。そういうときに、アルバム5枚で完成したBIGMAMAというバンドを象徴するような言葉として、“alongside”っていう言葉がいいなと思ったんですね。

──“alongside”は“そばに並んで”とか“一緒に”という意味の言葉ですよね。どういうところがバンドの象徴になった?

これは、普通に英訳すると“寄り添って”っていう意味があって。誰かの人生に寄り添うような音楽というか。結果的に何千、何万を対象に歌ったとしても、僕が音楽を作るときには、そういうぼんやりとした対象を想像しながら曲を作ることはできないんです。実際はいかに一対一で深いコミュニケーションをとれるかがすごく大事で。特に作詞をするときには、どれだけの人生と一対一で向き合っていけるんですかっていう。だから“alongside”っていう言葉が今のBIGMAMAを象徴するような言葉だと思うんですよね。これがこの先にBIGMAMAが向き合っていく言葉だし、そういうことを言わないと先に進めなかったというか。

──先に進めなかったというのは?

完成に対する恐怖感みたいなことがわりとあったんです。要は完成してもこんな感じだったんだという。良くも悪くもこんなもんだったんだって、実際にやって思うし。

──実際、アルバムは素晴らしい完成度だったと思うんです。しかもちゃんと届いたと思う。でも、そのことで、これまで「まだまだ足りない」という欠乏感が原動力になっていた部分が自分たちにあったとしたら、そのエネルギーがなくなっちゃうんじゃないか、みたいな不安があった。

そうですね。だから、今はもっともっとハングリーになるし、バンドが完成したということへの恐怖感みたいなものをどうにか払拭したかった。

100%リスナーの顔を見ているんですけど、よく見るとそのリスナーの顔は自分なんです

──例えば、そういうふうに音楽的に完成したバンドが、これまでと全然別のアプローチを試してみる例もありますよね。わかりやすく言えば、すべて生演奏でやってきたバンドが打ち込みを導入したり、メンバーを増やしたり。最新のモードを取り入れる例も多い。でも、今回のBIGMAMAはそういう方法論はまったく選んでないですよね。むしろバンドの本質を突き詰める方に進んだ。その理由は?

いや、今言われたような話も、いちいち迷いますけどね。音を増やすのにこのメンバーだけでやりきるのか、どうするのかみたいなことは、考えたことないって言ったら嘘になるし。結果的に今ライブを5人でする上でイメージするものを作っていたし、でもここから先それを崩さないことにこだわってるわけでもないし。だから、単純に今までの自分の音楽の幅の中で表現しようと思ってできないことがなくなったっていう話かな。僕なりに、聴きたい音楽とプレイヤーとしてやりたい音楽の溝が限りなく埋まってきたというか。

──なるほどね。

っていう意味では、前回のアルバムの中の「君想う、故に我在り」っていう曲があって、あれは自分たちの中ではかなりイレギュラーな曲だったんですね。歪んだギターがあって、ラウドなロック・サウンドの中にバイオリンが乗ってるっていうのがうちのデフォルトであり、完成形な部分って、それまでは自分たちでも思っていて。でも、4枚目のアルバムの「until the blouse is buttoned up」っていう曲で、それをより広げる方向に行けた。そのターニング・ポイントの先に、さらにとがった表現として自分の好きな北欧のエッセンスだったり、自分の好きな洋楽のエッセンスを自分の感覚で邦楽に落とし込むことができるようになってきたとその曲では思っていて。だから、ざっくり言うと自分が聴いてきたいろんな音楽の中のストライク・ゾーンの整理ができたんです。好きなものが一周まわって円になった。それがバンドの音楽的な状況という。

──ちなみに、バンドが完成したという実感を得たときに、リスナーの顔とかファンの顔っていうのはどれくらい思い浮かべている?

僕は100%リスナーの顔を見ているんですけど、よく見るとそのリスナーの顔は自分なんですよね。そんな感覚。リスナーを必死に見ようと思ってるんですけど、結局自分のことを見てるんです。そこに関しては一生鏡に向かって喋ってるような感じです。だから、今回のシングルは一周まわったことを、よりわかりやすく示したかったという感じはありますね。自分の最新のモードというより、一度バンドを定型に戻して、シンプルにロック・サウンドの中にいかに涼しくバイオリンを入れられるかみたいな、そういうことをやりたかった。

──いろんな意味でバンドをもう一度象徴する曲っていうものを作ろうと。

ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人