OKAMOTO’S SINGLE「JOY JOY JOY/告白」ディスクレビュー

JOY JOY JOY/告白

SINGLE

OKAMOTO’S

JOY JOY JOY/告白

アリオラ・ジャパン

2013.07.31 release


今、絶対に観ておかなくてはいけないバンド

 ライターやっていると、“最近、いいバンドいます?”なんて、社交辞令的に聞かれることがある。そこで聞いた人の嗜好に合わせてうまく返したり、“BiSと非常階段のノイズ・アイドルユニット、BiS階段です!”なんて相手を無視した返答ができればいいんだけど、たいていは答えに困ってしまう。だって、何を持って最近いいバンドなのか、わかんないもん! ただ、“今、観ておかなくてはいけないバンドは?”と聞かれたら、今なら迷わず“OKAMOTO’Sです“と答えるだろう。

 旬と言うと、また違った意味合いになってしまうけど、バンドには技術面やメンタル面、曲の完成度からライブの勢いや空気感まで、すべてが絶妙のバランスで噛み合う“絶対に観ておかなくてはいけないタイミング”というのがあって。今のOKAMOTO’Sは、完全にそのタイミングだと思う。

 今年1月、セルフ・タイトルからも気合いと手ごたえを感じる、4thアルバム『OKAMOTO’S』をリリース。バンドのスタンスや方向性を明確に打ち出した会心のアルバムを完成させて、自信に満ち溢れている彼らから届いた最新シングルが、「JOY JOY JOY/告白」。今までにない手ごたえを感じたというアルバム・ツアーの最中、“もっと盛り上げるためには?”と制作されたこの曲。はやりというか、もはやスタンダードとなってる4つ打ちダンス・ロックだが、ディスコやソウル、R&Bといった黒人音楽のエッセンスを取り入れた、グルーヴのエグさや生々しさがハンパじゃない! 前のめりに主張するリズム隊とファンキーなギターに鍵盤が踊り、“踊ろうぜ、そしたら頑張れそうじゃん?”と歌うボーカルがソウルフルに響く。文字どおり、心も身体も躍りだす、完全フロア仕様のダンスロック・チューン。これ、めちゃくちゃカッコいい!

 温故知新じゃないけど、古典も最新音楽もひっくるめていいものだけを吸収、消化してしまうOKAMOTO’Sのセンスの良さは以前から注目していたが、ついに化けたな! というのが、ここ何作かの印象。しかもグングン成長しながら、JOYしちゃってんだから、とんでもない。バンドの状態の良さがよくわかる、最新ライブ音源(5曲、21分強!)も必聴。

 改めて、今、絶対に観ておかなくてはいけないバンド。あとで、“あのとき、見とけば良かった!”と後悔しても知らないよ!!

(フジジュン)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人