ハナエ SINGLE「恋は神聖ローマ」ディスクレビュー

恋は神聖ローマ

SINGLE

ハナエ

恋は神聖ローマ

EMI Records Japan

2013.07.24 release

初回生産限定盤/写真 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


フィクションからフィードバックする、“いま・ここ”の真実。

 古き良きジャズ・スタンダードをベースに丹念につくり込まれた楽曲を、BOREDOMSへの参加~相対性理論の作品でのプレイでもおなじみのドラマー・千住宗臣や、シャープな音楽評論でも知られるサックス奏者・大谷能生らがカラーリング。その様子は、たくさんの蔦や枝に覆われ、かつての色を失いつつもその尊厳を放散し続ける古城にも似て、ひんやりとロマンチック。すべてのサウンドが、センターで歌い踊るサブリナの夢であり悪夢に連れ添うような、美醜のニュー・シングルとなっている。

 ハードにスウィングするバッキングの輻射熱をウェットなウィスパー・ボイスが人肌にまで抑える「恋は神聖ローマ」。続く「変幻ジーザス」はXTCやムーンライダーズのインドア・ポップを連想させる(中盤の男性ボーカルは高橋幸宏似!)。どちらもプロデュースは“進行方向別通行区分”や“古都の夕べ”のブレイン=真部脩一であり、耳当たりは優しいが、決して聴き流すことのできない、相変わらずのメロディ・メイキングを聴かせてくれる。それに加え、さらなる磨きのかかった言語センスの奔流。軽快なシャバダバ・スキャットで飛ばしたかと思えば、硬質な四字熟語と丸文字なオノマトペの複合技を決め、“なんでもあり”な言葉遊びを続けながらも、そこには“いま・ここ”でこその不思議なリアリティが感じられるという天才仕事。つまりはフェイクやフィクションの出力を限界まで上げていくことでフィードバックする、“本当”の精度。例えば「変幻ジーザス」で多用される“神様”という言葉は、決して雲の上の存在などではなく、その日その日の暮らしを支えてくれる“生身の誰か”を指しているのだと聴き取ることができるのだ。

 自分には「相対性理論時代からの真部ファン」だという20代前半の知り合いがいるが、かつて彼女は、真部の音楽を、「自分ら(=ネット)世代の安全圏かも」と表現した。話は短く終わったので、その真意までは図りかねるのだが、おそらくそれは、「何も押しつけてくることのないフラットな表現にこそ、初めて身を委ねられる」という意味なはずで、それは19歳になったばかりのハナエにとっても、ほかにはない居心地のよさを生んでいるのではないかと想像する。真部の楽曲は、“本当”の隣、何食わぬ顔をしながら“嘘”が幅を効かせる現在にこそ、歌う、いや、演じる価値のあるファンタジーなのではないだろうか。

 アルバムが楽しみでならない。

(祭蓮しずか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人