GLAY SINGLE「DARK RIVER/Eternally/時計」ディスクレビュー

DARK RIVER/Eternally/時計

SINGLE

GLAY

DARK RIVER/Eternally/時計

ポニーキャニオン

2013.07.24 release

<CD+DVD>
<CD>


人生の激流を描く新曲を含むトリプル・タイアップ作

 この夏、函館で行われる大型野外ライブ“GLAY Special Live 2013 in HAKODATE「GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1」”の直前にリリースされる新作は、トリプルタイアップ・シングル。NHKドラマ10「激流~私を憶えていますか?~」の主題歌「DARK RIVER」、同ドラマの挿入歌「時計」、そして、先述の函館野外ライブのテーマソング「Eternally」だ。

 「DARK RIVER」は数々のアーティストを手がけてきた亀田誠治をプロデューサーに迎えた初の作品。長い時間を経て描かれる人間模様を主軸にしたドラマの内容とリンクするように、深く大きな川をテーマに人生を表現し、揺れ動く感情と愛情を絡めながらドラマチックな楽曲に仕上げている。滑らかなストリングス、艶のあるギター・サウンド、情感を込めたTERUのボーカルが曲の個性を際立たせ、タイトルに象徴される深みが胸の奥に広がっていく。その深みは底が見えず、とどまることもない。時の流れの中で浮き沈みを繰り返しながら、それでも進んでいく人生の明暗。そして、印象的でマイナーなメロディにスケール感溢れるサウンドでありながら、厚塗りをしたような感触はなく、むしろスッキリと聴ける全体像なのが亀田マジック。主張のある音が確実に、まっすぐに届いてくる。くっきりとした輪郭の中でうごめく感情。それこそがこの曲の最大のポイントだ。

「時計」はシンプルなメロディで、10代ならではの希望と現実への苛立ちなど、複雑な胸中が描かれる。ピアノを主体としたサウンドで、リズム楽器抜きの編成が新鮮。

 ストリングスがふんだんに盛り込まれた「Eternally」は、“永遠の愛”をテーマに作られた珠玉のバラード。柔らかく優しいメロディでありながら根底に秘めた想いは強く、ひたすら誰かを思い続けることで様々な障壁を超えていける力強さが滲み出てくる。出会いとは贈り物であり、それを受け取った瞬間から時間が動き出す。その大切さを深く実感させてくれる曲だ。

 3曲に共通して感じられるのは時の流れ。過去から現在~未来へと繋がる時の中で繰り広げられるドラマが、曲ごとに異なる色彩感で描かれる。そして、それぞれのアプローチにこれからのGLAYが向かおうとする方向性が見えてくる。

(岡本明)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人