AI ALBUM「MORIAGARO」ディスクレビュー

MORIAGARO

ALBUM

AI

MORIAGARO

EMI Records Japan

2013.07.17 release

<CD>


脳内フェスを巻き起こせ

 AIのパブリック・イメージをそのまま具現化させたような、エネルギッシュでパワフルな“ビッグ・ママ感”、そして随所に滲み出てしまう“いいヤツ感”を込めつつ、豪華な海外実力派アーティストを招き入れた今作は、盤の存在自体がフェスそのものであるかのようだ。セット・リストとして完璧に生きる曲順構成とバラエティ、染みるリリックから背骨に響くサウンド、すべてが扇情的。これは、たしかに……『MORIAGARO』というタイトル以外ありえなかったかもしれない。

 焦らしながらテンションを焚きつける表題曲「MORIAGARO feat.ジェレマイ」から開幕し、TBSドラマ「夜行観覧車」主題歌で大ヒットした「VOICE」、ロッテのCMソングとして放映された「ママへ」、KFCのブランド・イメージ・ソングとなった「sogood」など、マイナー・コード曲から愚直なほどピュアなバラード、エネルギッシュな王道ポップスまで、R&Bをベーシックとしながら展開される多彩な楽曲たちは、改めてAIというアーティストの土台となっている知識と経験の盤石さを知らしめてくれる。そして、ゴールドディスクを獲得した前作『INDEPENDENT』を凌駕するほどの完成度が物語るのは、つねにオーディエンス・サイドに意識を置いた、エンターテイナーとしての彼女の意識だ。それはミュージシャンとして当然と言えば当然の視点かもしれないが、これほど音楽の創造がインスタントになり、作品が多様化し、溢れている昨今において、他者との差別化と大衆性の獲得というのは両立し難いのも事実だ。そういう意味で、R&BというフィールドでAIが今なお活躍していることは感服すべき事象であると思う。

 夏にピッタリ、というよりは、夏に楽しまねば嘘のような『MORIAGARO』。フェスに赴けない多忙な方々には、この一枚でなんとかこの夏をしのいでいただきたいと思う。

(小島双葉)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人