蜜 ALBUM「HeとSheでShow」ディスクレビュー

HeとSheでShow

ALBUM

HeとSheでShow

EMI Records Japan

2013.07.17 release

<CD>


男女デュオの醍醐味と、それを超えたとこにある作品性。

 男と女。そこには無数のドラマがあるはずなのに、最近はとんと、男女デュオのア-ティストを見かけない。でも……。ここに実に魅力的なふたりがいる。その名は蜜。新時代の男女ボ-カルの在り方を示してくれる。

 で、その“在り方”とは何かというと、まずはやはり、こうしたスタイルだからこそのふたりの歌の“掛け合い”の楽しさである。オ-プニングの「ハズミだした小さなエンジン」や「特別な人」がそうだ。息の合った、ときに丁々発止のスリリングな声と声の交わりが楽しい。特に前者は、ラップっぽい部分こそがメロディアスであり、男女とはいえそれぞれが音域のジェンダ-を越え変幻自在にポジション・チェンジして歌の世界観を形作るあたりにゾクゾクした(簡単に言うなら同じキ-でふたりで不自然さ感じさせず歌えるということだが……)。

 木村ウニのパワフルかつ感性豊かな歌い回し、橋詰 遼の、ときに繊細にメロディをトレ-スしつつ伸びやかな声……。ライブではきっと、さらにアドリブも交えたパフォ-マンスも披露するであろうことが、この1曲からも伝わる。

 でも変幻自在なだけじゃない。「ひとりぼっちのレ-ス」や「ふたりの公園」なら、歌詞の展開を意識したパ-ト分け、および、ハモリの美しさという、オ-ソドックスな男女デュオの魅力が満載だ。前者では歌詞に月が登場するが、月明かりに照らされた辺りの景色までもがリアルに伝わってくる完成度である。さらに蜜の歌を“歌の人たち”でありつつミュ-ジシャン・シップにも溢れていると感じるのは、「ふたりの公園」の後半のトランペットの入り方とか、センスのいいアレンジがあってのこと。もちろん森 俊之や鈴木正人に協力してもらった楽曲においては、さらに別の色彩がアルバムに加わる。

 全8曲ではあるが、ノレる曲から浸れる曲まで過不足なく揃っているアルバムだろう。そして個人的にいちばん好きだったのはラストの「シュガ-ハニ-」である。オ-ルド・タイミ-な味わい(ドブロ・ギタ-やバンジョ-、マンドリンなどが加わっていることもあるが……)というか、初めて聴いたときからすっと肌に馴染むのだった。まるでライ・ク-ダ-でも聴いているかのようであり、バンジョーが少し前に出て歌のリズムもテンコテンコするとことか(わかりづらくてスミマセン)もうよだれが出るくらい最高でした。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人