小林太郎 SINGLE「鼓動」ディスクレビュー

鼓動

SINGLE

小林太郎

鼓動

STANDING THERE, ROCKS/KING RECORDS

2013.07.17 release

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤/写真 <CD>


アーティストとしてのトータル像にチャレンジ開始!

アーティストとしてのトータル像にチャレンジ開始!

 思い切り“歌” の方向に振れ切ったシングルだ。タイトル曲「鼓動」も、カップリングの「蕾」も、小林のボーカルを全面的に打ち出すミックスがなされている。

 「鼓動」のイントロは、例によってエッジーなギター・サウンドで始まる。が、それが4小節鳴ったあとはクリアなトーンのギターがセンチメンタルなメロディを奏でて、楽曲を“歌モノ”の世界に導いていく。そして小林のボーカルが聴こえてくると、彼が類まれなシンガーであることを改めて感じさせてくれる。ギタリストとしての個性は誰もが認めるところだが、ソング・ライターとして、ボーカリストとしての可能性はこれからのことになる。その第1弾として、この1stシングルはあるのだ。

 今、音楽シーンには優れたギタリスト&ボーカリストが多数いる。奥田民生、布袋寅泰、岸田繁などがその代表だ。このシングルを聴くかぎり、例えば「蕾」で歌われている告白は、生きることに素朴に悩む小林のキャラクターをよく反映しているし、それは彼がギタリストであることと無縁ではないだろう。ギタリスト&ボーカリストは、たいてい理詰めではなく、感覚的に人生を捉え、歌にする。楽器に対する信頼が、思ったことを歌う勇気と繋がっている。その意味では、小林の資質は、もしかすると斉藤和義に近いかもしれない。一方で、ギターで直接リスナーとコミュニケーションを取る術を身に付けていることを思えば、雅-MIYAVI-にも近いかもしれない。

 どちらにしても 正直な感想で言えば、ギターとボーカルのバランスをまだ探っている段階だと感じる。初めてこのシングルで小林の音楽を聴く人へ、小林太郎というアーティストの全体像を伝えるには、リリックをもっと研ぎ澄まし、ギターには独自のグルーブが今以上に必要だと思う。そのために初めてシングルをリリースするのだろうから、ハードルを思い切り上げて、この先一気に“小林の代表曲”に辿り着いてほしい。

(平山雄一)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人