bómi SINGLE「ビューティフォーEP」ディスクレビュー

ビューティフォーEP

SINGLE

bómi

ビューティフォーEP

日本コロムビア

2013.07.03 release

<CD>


一皮、おめでとう。

 どんなミュージシャンにも、音楽的な節目というのはある。そのアーティストに期待していればいるほど、節目から踏み出される1歩目というのは、リスナーにとって恐ろしい。なぜなら、その大抵が歓喜か失望の両極端な結果しか生まないからだ。前作の1stフル・アルバム『メニー・ア・マール』で、その存在を明確に提示することに成功したbómiは、たしかにひとつのパラグラフを終えた。それを経て、震えながら「ビューティフォーEP」の再生ボタンを押した私の感想……。おめでとう。おめでとう。あなたは、見事に、歓喜をもたらしてくれました。

 その歓喜は1曲目の「イチゴのタルト」から劇的に心臓に充満した。メロディの圧倒的なポピュラリティに“え、これ本当にbómi?”と思うも、ストーリーに溶け込んだ絶品なキュート味とリリックの遊び方は、やはり彼女独自。次ぐ「Midnight Station」で、ゾッとするくらいに甘美な世界観をやにわに露わにされ、面食らう。彼女はいつだってセクシーだったけれど、これほど深夜の香りがする妖艶さは知らなかった。この辺りで、いつもと違う、様子がおかしいと感じはじめる。3曲目でありリード曲である「ビューティフォー」が流れた瞬間、あぁ、bómiは、脱皮したのだとわかった。自由奔放だと思っていた彼女は、前作で必死に居場所を切り拓き、ようやく今さっき、自由になれたのだ。シンガーとして健全なその姿、突き抜ける清々しさに、ちょっと感動すら覚えてしまう。そうして浸っているところに、デコピンのように「歌え!猿のミリンダ」がぶち込まれる。“ゲロゲロゲー”って、なんだ……? ディスコ・ロック調のぶっ飛んだ世界は、恐らく彼女の数億ヘクタールに及ぶイマジネーションのほんの一部なのだろう。でも、しっかり濃厚な“1cmPOP!(1センチメートル・ポップ)”の世界も存在していて、うれしかったりもする。たった一枚のEPの中を縦横無尽に飛び回ったbómiは、「CARNIVAL」で意外にもきちんとお辞儀をして帰っていった。エンディングに相応しい、キレイでキラキラしたポップ・ロックが描くのは、完成することもなく、終わることもない、彼女のカーニバル。

 狭い蛹の皮をやぶって、まっすぐに羽を伸したbómi。あらたな夜明けを感じさせる今作を生み出した彼女に、ただただ、祝福の拍手を。

(小島双葉)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人