赤い公園 – 約半年の活動休止を経て届く久々の新作について、来月には公園デビュー(!?)を控える4人に話を聞いた。

赤い公園

3月1日に、昨年10月来の活動休止からの復活を宣言、5月5日に渋谷クラブクアトロで“今更帰って来た赤い公園!! タブーを犯した女たち”と題したライブを行なった4人は、7月3日発売のシングル「今更/交信/さよならは言わない」であらたな一歩を踏み出す。このシングルで彼女たちが描くものは何なのだろう。個性豊かな4人に、今の自分たちを語ってもらおう。

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子

「今更」は、最初はギャグみたいな曲だったんです(津野)

──復活盤「今更/交信/さよならは言わない」の完成おめでとうございます。

4人 ありがとうございます!

──この半年は活動休止ということだったんですが、曲の準備やレコーディングは、いつ頃から始まっていたんでしょう?

津野米咲 「今更」はデビュー前に出来ていた曲で、「交信」は去年の夏頃ですね。曲は元々あったんですけど、それをシングルにするって決まったのが最近という感じです。

──「今更」を今までレコーディングしなかったのは何か理由があったんですか?

津野 ないんですよね。ライブでもちょいちょいやってて。ただ自分たちの中では、そんなに強い曲という印象がなかったんですけど、これをシングルにしたらどうかってお話をいただいてから、重ね直したりとかして、シングルっぽくなったなとは思います。

──原型は違ってたんですか?

津野 いえ、バンド・アレンジしてからは、演奏はほとんど変わってないです。尺も変わってないし。歌詞の細かいニュアンスを変えたぐらいですね。

──どういう感じで?

津野 もっと抽象的だった部分があって、そこを直していった感じです。

──イントロが印象的ですよね。ギターで入って抑えた歌になって、小さな声で“せーの”と。そしてサビでバーンといく。

津野 最初からああだったんです。「今更」は、最初はギャグみたいな曲だったんですよ。

──そうなんですか?

津野 ギター・ロックっぽいものを、あえてやってなかったわけではなくて、そういう勉強をしてこなかったんで、できなかったんですけど。この「今更」のイントロの“チャラララ”ってカッティングができたときに、“お前、そんなギター弾くのか!”って言うぐらいの驚きで。
藤本ひかり ウケるー(笑)。
津野 今でも自分では、ダサカッコいいものだと思ってます。

──誰かのプレイをイメージしてたり?

津野 まったくなかったです(笑)。“ギターってこういう感じじゃね?”って。デビューして4日目に、“EMI ROCKS 2012”っていうフェスが決まってたんですよ。そこでやりたい曲を作ろうって、作った曲で。サビは”バーン!”と開けるのがよくて。で、結構最初からこういうイメージで。

──演奏する舞台から考えて作るってすごいですね。

津野 あとにも先にもこれだけですけど(笑)。

──佐藤さんは歌ってて、この起伏の大きさはどうなんでしょう?

佐藤千明 これ、サビですごい開くじゃないですか? 歌い方とか演奏も。レコーディングのときに、私は最初から開いて歌っちゃって、津野さんが「サビでやっと開いてくれる?」って(笑)。“ああ、そういう曲か”って。
津野 最初はびっくりして、何事かと思って(笑)。
佐藤 それで最初は抑えめで、サビでバーンと開くように、意識して歌いましたね。

“なんでこんなの思いつくの?”ってときどき思います(歌川)

──アレンジは津野さんが考えるんでしょうが、録音前にはそういう話し合いとかなくて?

津野 大枠は私が考えて、あとはみんなやりやすいようにやってもらいます。スタジオに入ってリハーサルしてる最中に楽器については結構言いますけど、歌まで回らないことが多いんで。歌はプリプロとかレコーディングで言うことが多いです。

──津野さんのアレンジは、かなり変わった感じですよね。

歌川 ”なんでこんなの思いつくの?”ってときどき思います、例えばドラムだと、津野さんはギターで、ドラムを基礎からやってるわけじゃないから、基礎とかそういう概念みたいのがないから、ヘンなことも普通にできちゃうんだろうなって思って。ドラムやってない人だから考えられるフレーズとか持ってきてくれるんで、すごい面白いです、でも”これちょっとできないよ”っていうのが、よくあります(笑)。たまに津野さんが知らないところで、やりやすく変えてます(笑)。
津野 できてないから、「なんでできないの?」って(笑)。
歌川 「右手がこうだから、手が足りない」って(笑)。

──実現するのが大変(笑)。

佐藤 でも私は津野さんの書く曲に、めっちゃ歌が近づきたいって思いがあるので、津野さんの言ってることがわからないと、自分で口惜しくなっちゃって、わかるまで「ちょっと考えさせて!」って(笑)。だから飲み込めるまで時間がかかるけど、自分でちゃんと飲み込んで、レコーディングでも歌えたと思います。
津野 でも、こういう感じって、結構わかりやすいんですよ。「疲れたOLみたいな感じ」とか(笑)。言うと、「そういう感じね」って。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人