9mm Parabellum Bullet – 結成9周年を迎えた9mm Parabellum Bulletから届く5thアルバム『Dawning』。今作の話やビックリマンチョコ(!?)について、4人が熱く語る!

9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bulletが5枚目のフル・アルバムとなる『Dawning』を完成させた。シングル「Answer And Answer」を筆頭に、どの曲も最短距離の弾道でリスナーを射抜くキラー・チューン揃い。今やこの国のロック・シーンを代表する存在となったバンドの自信と自負が感じられる会心の出来栄えだ。結成9周年のメモリアル・イヤーを迎え、ますます意欲盛んな4人に話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 奥村明裕

“これはいける!”っていう自信が確信に変わった瞬間(かみじょう)

──とにかく気持ちよく振りきれたアルバムで、フリー・キックでゴール・ネットのど真ん中に突き刺さるような痛快さと爽快感がありました。

菅原卓郎 はっはははは。タイムリーな例えですね(※取材はサッカー日本代表がW杯出場を決めた直後に行われました)。

──ご自身でも相当手ごたえがあるんじゃないかと思うので、おひとりずつ自画自賛していただこうと(笑)。まず、ちひろくんから。

かみじょうちひろ なんというか、録り終えたときは“これはいける!”っていう自信が確信に変わった瞬間でしたね。いいアルバムを録るぞって思って録ったら、いいアルバムが出来たので“してやったり!”っていう感じです。理屈抜きに“いいアルバムだな”って思えるってことは、本当にいいアルバムなんでしょうね。
滝 善充 かなり手ごたえはよくて。制作のときから新曲をライブでぶっつけ本番でやったりだとか、そういうことをやってたので録りの当日になっても不安になるようなことは少なくて。いつも多かったら10テイクとか録ったりするんですけど、わりと余裕な気持ちのまま、余裕を持って録り終えました。

──レコーディング中に切羽詰まるようなことはなかったと?

 なかったですね。これまでと比べても、ダントツでスムーズでしたね。いつもだったら1曲くらいはすごい壁にブチ当たるんですけど。

──和彦くんは、どうですか?

中村和彦 出来たもの自体には本当に満足してますし、制作している間もかなり充実した作業だったし。“いいものが出来てるな”って実感をしながら作っていったので。それがそのまま形になったようなところがあると思います。

──制作中から最高傑作が出来そうな予感が?

中村 “これはヤバいな”っていうのはありましたね。
菅原 アルバムを作るときは、いつもコンセプトを決めたりしてなくて。アルバムに入れたい曲をみんなで選んで、最後にタイトルを付けて一本筋を通す、みたいな感じなんですけど。今回は、とても太くてしっかりとした筋が通ったアルバムだなって。何かを狙って、あるラインに沿って作ったものじゃないんだけど、まるでそうやって作ったかのような、しっかりしたアルバムになったと思います。

──たしかに9mmの王道と言える作品だと思うんですが、ゴール・ネットの真ん中に蹴ろうと思って蹴ったのではなく?

菅原 いや、そういう感じではなくて。今やれることの最高にいいところを集めていったら、そういうストレートな印象を受けるようなものになったというか。あの、「ストレートを投げます」って言ってストレートを投げるような……予告ストレート?

──予告ホームランじゃなくて?(笑)。

菅原 ははははっ。それで打ってみろっていう。

演奏していることの喜びみたいなものがすごく高まってきて(菅原)

──そもそも、なぜバンドがこんなに充実したコンディションだったんですか?

 えっとですね、『Movement』リリース・ツアーを結構長いことやってて。その間に技術的、アンサンブル的なところで相当自信がついてきてて。その勢いがあって、去年とか“1年中いいライブばっかやってたな”みたいな記憶があって。なんだかどんどん良くなっていったんですよ。その中で新曲とかもブチ込んでやってたんで、とにかくライブが楽しかったですね。
菅原 うん。演奏していることの喜びみたいなものがすごく高まってきて。ちょっと演奏するだけで、すぐにエンジンがかかってきて、“あぁ、バンド楽しい!”っていう感じになるし。状態はすごくいいですね。

──冒頭で「コンセプトはなかった」とおっしゃってましたけど、作り始める前には、ぼんやりとでもこういうものにしたいなってイメージはありました?

菅原 う〜ん、元気がいいアルバム、みたいな?(笑)
 そうそう(笑)。抽象的ですけど、それすら言わないで作ってきたアルバムなので。あの、前作の「カモメ e.p.」くらいでひとつ終わった印象というか。ストリングスまで入ちゃったので、いくとこまでいってしまったというか、最も遠くまでいった感じがしたので。今度は“エレキ・ギターをがしがしに弾きたい!”みたいな。そういう気持ちはありましたね。

──初期衝動を爆発させるような?

菅原 初期衝動というか、もう趣味ですね(笑)。和彦なんかも、ストレートなものをやりたいっていうか、ロック・バンドな曲を演奏したいって自分の曲を書いてきたし。そのときの気分に忠実にやったら、こんな曲やりたい、あんな曲やりたいって自然とバラエティに富んだものが出来て。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人